ふりがなをエクセルVBAで一括入力、編集を行う方法!

エクセルでふりがなを一括で、入力や編集をする方法があります。それにはマクロを使います。マクロは難しいと思いがちですが、コードを作成するだけなので簡単にできます。マクロを実行するまでの手順を分かりやすく説明してあるので、名簿や住所登録を作成する場合に活用すると、効率よく仕事ができます。ふりがなを一括で入力できると時間短縮になり、なにより楽に作成することができます。

 

 

マクロでふりがなを一括で表示

エクセルでふりがなを一括で表示させるには、SetPhoneticメソッドを使います。マクロを実行するだけで、漢字が入力してあるセル全てにふりがなが表示されます。

「氏名」に入力されている漢字に、一括でふりがなを表示させます。

 

標準モジュールを挿入

エクセルVBEを起動させます。

1.「開発」タブ→「コード」グループ→「Visual Basic」をクリックしましょう。または「Alt」+「F11」を押すと、エクセルVBEが起動します。

 

2.「挿入(I)」→「標準モジュール(M)」をクリックすると「Module1」ができます。

 

 

コードを入力

「標準モジュール」にコードを入力します。

 

Sub ふりがな一括入力()
Selection.SetPhonetic
Selection.Phonetics.Visible = True
End Sub

マクロを実行

「標準モジュール」に入力したコードを実行させます。

1.ふりがなを入力したいセルの範囲を選択します。「A2:A10」を選択しましょう。

2.「開発」タブ→「コード」グループ→「マクロ」をクリックします。または「Alt」+「F8」を押すと「マクロ」ダイアログボックスが開きます。

 

3.マクロ(M)のボックスから「ふりがな一括入力」を選択して、「実行(R)」をクリックしましょう。

 

4.「氏名」にふりがなが、一括で表示されました。

 

 

指定した範囲にふりがなを一括で表示

範囲を指定して、範囲に入力されている漢字にふりがなを一括で表示させます。

標準モジュールにコードを入力

「標準モジュール」を挿入します。指定した範囲に、ふりがなを一括で表示させるコードを「標準モジュール」に入力します。

 

Sub ふりがなを範囲に入力()
Range(“A2:A10”).SetPhonetic
Range(“A2:A10”).Phonetics.Visible = True
End Sub

マクロを実行

1.マクロ(M)のボックスから「ふりがなを範囲に入力」を選択して、「実行(R)」をクリックしましょう。

 

2.「A2:A10」の範囲に、ふりがなが一括で表示されました。

 

SetPhoneticメソッド

セルに入力してある漢字のふりがなが設定されます。漢字に対して標準的な読み方を取得します。

「書式」

object.SetPhonetic

「引数・戻り値」

object : Rangeオブジェクトを指定します。

 

 

マクロでふりがなを編集

セルを指定して、編集したふりがなを表示させます。

マクロ「ふりがな一括入力」を実行させてふりがなを表示させましたが、「A7」のふりがなの読みが間違っています。

ふりがなが「ソノイ アイミ」となっていますが、「ソノイ ツグミ」と読みます。マクロでふりがなを「ソノイ ツグミ」に修正しましょう。

 

コードを入力

「標準モジュール」に、編集したふりがなを表示させるコードを入力します。

 

Sub ふりがなを編集()
Range(“A7”).Characters(1, 4).PhoneticCharacters = “ソノイ    ツグミ”
End Sub

マクロを実行

1.マクロ(M)のボックスから「ふりがなを編集」を選択して、「実行(R)」をクリックしましょう。

 

2.「A7」に、編集したふりがなが表示されました!

 

こちらの記事もご覧ください。⇒ふりがなが表示されない場合の対処法&エクセルのふりがな

 

 

Characters.PhoneticCharacters プロパティ

「start, length」で指定したふりがなの情報を取得、設定をします。

「書式」

取得 : object.Characters ( start, length ).PhoneticCharacters

設定 : object.Characters ( start, length ).PhoneticCharacters = string

「引数・戻り値」

object : Rangeオブジェクトを指定します。

start  : 取得する先頭の文字の位置を指定します。

length   : 取得する文字数を指定します。省略すると最後の文字まで返します。

string  : 設定するふりがなを指定します。

 

「開発」タブを表示させる方法

エクセル、マクロ作成には「開発」タブが必要です。エクセルのリボンに「開発」タブが表示されていない場合は、「リボンのユーザ設定」で表示させます。

1.「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」→「その他のコマンド」をクリックしましょう。または、「ファイル」タブ→「オプション」→「クイックアクセスツールバー」をクリックします。

 

2.「Excel オプション」ダイアログボックスが開きます。

3.「リボンのユーザ設定(B)」→「メインタブ」のボックスから「開発」にチェックマークを入れて、「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

4.リボンに「開発」ボタンが表示されます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルVBAが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

こちらの記事もご覧ください。⇒プログラミングスキルが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

 PHONETIC関数を使うとふりがなを自動で表示できます

エクセルでふりがなをマクロを使って、一括で表示させる方法を説明しましたが、ふりがなを漢字の上でなく、別のセルに作成したい場合があります。このような時にエクセルPHONETIC関数を使うと、漢字とは別のセルに、自動でふりがなを入力することができます。ふりがなの種類は「ひらがな」「全角カタカナ」「半角カタカナ」の3通りで表示させることができます。例えば、氏名の横にふりがなを入力したい場合は、エクセルPHONETIC関数を使うと自動で簡単に表示できます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルでふりがなをひらがなにする!PHONETIC関数

エクセル・ワード・パワーポイント・アクセス・マクロVBA・WEBプログラミングを入門から応用までらくらくマスターできる ➡ 動画パソコン教材

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセルパワーポイント・アクセスとエクセルマクロVBA・WEBプログラミング・パソコンソフト作成を入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エクセルのマクロとVBAを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

VBA・Java・WEB・C#・HTML/CSSプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓