エクセルで日付を文字列に一括変換!

エクセルTEXT関数を使って、日付を文字列に変換させることができます。文字列を日付に変換する方法は、よく知られていますが、ここで紹介しているのは、日付を文字列に変換させる方法です。それには、TEXT関数に表示形式コードを使用します。TEXT関数は表示形式コードを使用して、数値を読み取りやすい表示に変更できる便利な関数です。TEXT関数を使うと、日付と文字列を結合させて、色々な文字列に変換させることもできます。TEXT関数は日付データを扱う場合、便利な関数です。

 

 

日付を文字列に変換させる方法

エクセルTEXT関数で、日付を文字列に変換させる例です。

下の表の、日付データを、 yyyymmdd形式の文字列に変換してみましょう。

 

A2に入力されている「2017/5/1」の日付を、「yyyymmdd」形式の文字列に変換してみましょう。

B2に、式を入力します。

B2 =TEXT(A2,”yyyymmdd”)

「20170501」が返されました。

日付が「yyyymmdd」形式の文字列に、変換されました!

B2の式をドラッグして、下にコピーしましょう。

日付が文字列に、変換されました!

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル関数を使って日付に祝日を表示させる方法

 

日付と文字列を結合

ここで、日付と文字列を結合させる方法も紹介します。

日付と文字列を結合させたい場合は、&または、エクセル関数CONCATENATEで結合できますが、その場合、日付がシリアル値になってしまいます。

このような場合に、TEXT関数を使います。

下の表のC2に、日付と文字列をさせる式を入力しましょう。

 

C2 =”出荷予定日:”&TEXT(B2,”yyyy/m/d(aaaa)”)

D2には、「出荷予定日:2018/3/26(月曜日)」が表示されました!

TEXT関数を使うと、自由自在に文字が組み立てられます!

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル関数を使って日付の曜日を表示させる方法

 

関数の説明

TEXT関数

TEXT関数は、表示形式コードを使用して数値の表示方法を変更することができます。数値を読み取りやすい表示に変更できる便利な関数です。

TEXT関数の書式と引数

TEXT(数値, 表示形式)

数値 数値、数式、または数値を含むセルの参照を指定します。
表示形式 数値書式を、”yyyy/mm/dd” など、引用符で囲んだテキスト文字列として指定します。

TEXT関数の使用例

 

A1の「2018/9/13」の表示を「mm/dd/yy」にしましょう。

B1  =TEXT(A1,”mm/dd/yy”)

「09/13/18」が返されます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル関数を使って日付の曜日を表示!特定の曜日だけ表示させる

 

日付の書式記号

年の書式記号

書式記号 説明 結果
yy 西暦の下 2 桁を表示します。 1996/10/15  96
yyyy 西暦を 4 桁で表示します。 1996/10/15  1996
e 年を和暦で表示します。 1996/10/15  8
ee 年を和暦2桁で表示します。 1996/10/15  08
g 元号をアルファベットの頭文字で表示します。 1996/10/15  H
gg 元号を漢字の頭文字で表示します。 1996/10/15  平
ggg 元号を漢字で表示します。 1996/10/15  平成

 

月の書式記号

書式記号 説明 結果
m 月を表示します。 2012/3/15  5
mm 1桁の月には 頭に0をつけて2桁で表示します。 2012/3/15  05
mmm 月を英語の頭文字3文字を表示します。 2012/3/15  Mar
mmmm 月を英語で表示します。 2012/3/15  March
mmmmm 月を英語の頭文字で表示します。 2012/3/15  M

 

日の書式記号

書式記号 説明 結果
d 日を表示します。 2005/10/8  8
dd 1桁の日には頭に0をつけて2桁で表示します。 2005/10/8  08

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル関数を使って日付の曜日を表示させる方法

日付文字列を日付に変換

エクセルTEXT関数は、日付を文字列に変換させることができますが、文字列を日付に変換することはできるのでしょうか。文字列は、データで集計をするとき厄介です。日付の計算ができません。日付が文字列になっていることに気が付かなくて、計算してしまうと、間違った計算が返されます。TEXT関数では、文字列を日付に変換することもできます。

yyyy/mm/dd形式の日付文字列はどうでしょうか。日付文字列を簡単に、日付に変換できる関数があります。DATEVALUE関数です。DATEVALUE関数を使うと、文字列となっている日付を、シリアル値に変換します。あとは、シリアル値を、書式設定から日付にするだけです。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル関数で文字列を日付に変換する方法!