エクセル関数を使って日付の曜日を表示!特定の曜日だけ表示させる

エクセルWEEKDAYとIF関数を使って、日付から特定の曜日だけ表示させる方法を紹介しています。カレンダーやタイムシートを作成する場合に、日付の曜日を表示させたい!そのようなとき、日付の曜日を表示させる関数には他にもありますが、特定の曜日を表示させたい時は、WEEKDAY関数とIF関数を使います。例えば、日付けから土曜日だけ、日曜日だけを表示させることができます。

 

 

WEEKDAYとIFを使って特定の曜日を表示させる

下の表を使って、説明していきます。

日付に対応する曜日で、土、日曜日だけ表示させてみましょう。

 

B2に、「土曜日」と「日曜日」だけ表示させる式を入力します。

B2 =IF(WEEKDAY(A2,1)=1,”日”,IF(WEEKDAY(A2,1)=7,”土”,””))

B2は、WEEKDAY関数が「7」を返すので、結果は「土」です。

B2の式は、WEEKDAY関数が週の基準「1」で戻り値「1」を返した場合「日」を返します。

週の基準「1」で戻り値「7」を返した場合「土」を返します。

戻り値「1」「2」でもなかった場合は「空白」を返す式です。

WEEKDAY関数の週の基準は「関数の説明」に記載してあります!

B2の式を、「B3:B10」にコピーします。B2を選択し、下にB10までドラッグしましょう。

「土曜日」と「日曜日」だけ表示されました!

 

 

関数の説明

WEEKDAY関数

日付に対応する曜日を整数で返します。 既定では、戻り値は 1 (日曜) から 7 (土曜) までの整数となります。

WEEKDAY関数の書式と引数

WEEKDAY(シリアル値,[週の基準])

シリアル値 必ず指定します。検索する日付のシリアル値を指定します。
週の基準 省略できます。戻り値の種類を数値で指定します。

代表的な週の基準

週の基準 戻り値
1または省略 1 (日曜) ~ 7 (土曜) の範囲の整数
1 (月曜) ~ 7 (日曜) の範囲の整数
0 (月曜) ~ 6 (日曜) の範囲の整数

 

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル関数を使って日付の曜日を表示させる方法

WEEKDAY関数の使用例

A2の日付の曜日を、WEEKDAY関数で整数で表示してみましょう。

C2 =WEEKDAY(A2,1)

週の基準は「1」なので戻り値は、1 (日曜) ~ 7 (土曜) の範囲の整数になります。

A2は水曜日なので、「4」の整数が返されます。

 

 

IF関数

IF関数は条件を論理式で指定すると、その結果を真の場合、偽の場合で指定した値を返します。

IF関数の書式と引数

IF(論理式,真の場合,偽の場合)

論理式 条件式を指定します。
真の場合 論理式がTRUEの場合に返す値を指定します。
偽の場合 論理式がFALSEの場合に返す値を指定します。省略するとFALSEを返します。

IF関数の使用例

 

C2に、「商品名」がパソコンだったら「PC」を、「PC」でない場合は「空白」を返す式を入力してみましょう。

C2 =IF(A2=”パソコン”,”PC”,””)

結果はパソコンなので、「PC」を返します。

WEEKDAY関数の週の基準で日付の曜日を取得

WEEKDAY関数はこのように、週の基準を指定して月曜日~日曜日までを数値で表示できます。エクセルWEEKDAY関数とIF関数を使って、日付から土、日曜日だけ表示させる方法を紹介しましたが、この特性を生かすと、IF関数と組み合わせて、日付から表示させたい曜日を表示させることができます。単独で使うと、一見、単純な関数に思えますが、色々な使い道があります。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル関数を使って日付の曜日を表示させる方法