エクセル関数で条件に一致する数値データの数を数える!

エクセル関数には、条件に一致する数値の個数を数える、DCOUNT関数があります。DCOUNT関数の条件には、1つの条件や、複数の条件を指定することができます。よく間違いやすいのは、DCOUNT関数で数えるのは、数値です。文字列はカウントされません。セルをカウントする列は、数値が入力されている列になります。DCOUNT関数はあまり知られていませんが、使い慣れると、複雑な条件で、数値を数えることができます。AND条件、OR条件も指定できます。一度は使ってみる価値があります。ここで、DCOUNT関数の基本的な使い方をマスターして、テクニックを覚えていきましょう。

 

 

DCOUNT関数

エクセルDCOUNT関数は、条件を満たすレコードの数値の個数を数える関数です。カウントするのは数値のみです。

DCOUNT関数の書式と引数

DCOUNT(データベース, フィールド, 検索条件)

データベース 列の見出しを含む、リストまたはデータベースのセル範囲を指定します。
フィールド 数値を数える列の見出しを「”」で囲んで指定します。または列の位置を示す番号で指定します。
検索条件 条件が設定されているセル範囲を指定します。

 

 

DCOUNT関数の使い方

A列の「講演」が「A講演」で、C列「出席数」に数値が入力されている、セルの数をカウントします。検索条件は「E1:E2」に入力されています。

DCOUNT関数のフィールドに、列の見出し、セル参照、列番号を指定して、条件を満たす数値の個数を数えてみましょう。

 

列の見出しを指定して数値をカウント

「A講演」の、C列「出席数」に入力されている、数値の数を数えます。

F2に、式を入力しましょう。

F2 =DCOUNT(A1:C10,”出席数”,E1:E2)

F2には、「2」が返されます。

A6を見てみましょう。

A6は、「A講演」ですが、「出席数」は「未定」になっています。

このセルは数値でないので、カウントされません。

「A講演」の、C列「出席数」に数値が入力されているセルの数は、「2」です。

列の見出しをセル参照で指定して数値をカウント

DCOUNT関数のフィールドに、セル参照を指定して、数値の個数を数えてみましょう。

F2 =DCOUNT(A1:C10,C1,E1:E2)

F2には、「2」が返されます。

列の番号を指定して数値をカウント

DCOUNT関数のフィールドに、列番号を指定して、数値の個数をカウントしましょう。

F2 =DCOUNT(A1:C10,3,E1:E2)

F2には、「2」が返されます。

 

 

AND条件を指定して数値をカウント

DCOUNT関数に、AND条件を指定して、条件を満たす数値の個数を数えてみましょう。

G2に、C列「出席数」が、「20以上30未満」である「出席数」の数値を、カウントする式を入力します。

 

G2 =DCOUNT(A1:C10,C1,E1:F2)

G2には、「5」が返されます。

C列「出席数」が、「20以上30未満」である数値の数は、「5」つです。

 

 

複数条件ORでセルをカウント

DCOUNT関数に、OR条件を指定して、条件を満たす数値の個数を数えてみましょう。

F2に、A列「講演」が、「A講演」または「B講演」である、「出席数」の数値を、カウントする式を入力します。

 

G2 =DCOUNT(A1:C10,C1,E1:E3)

G2には、「3」が返されます。

「A講演」または「B講演」である、「出席数」である数値の数は、「3」つです。

ワイルドカードを条件に指定して数値をカウント

DCOUNT関数に、ワイルドカードを指定して、条件を満たす数値の個数を数えてみましょう。

F2に、B列「会場」が「三越で始まる」文字列で、C列「出席数」に入力されている、数値の数をカウントする式を入力しましょう。

 

F2 =DCOUNT(A1:C10,C1,E1:F2)

F2には、「2」が返されます。

B3を見てみましょう。B3は「三越」ですが、「出席数」は「未定」になっています。

このセルはカウントされません。

ワイルドカード
ワイルドカード 説明
任意の文字列を検索
? 任意の 1 文字を検索
~ ? や * の前につけて、ワイルドカード「*」「?」を検索

 

条件を満たす空白以外のセルをカウントする

エクセルDCOUNT関数は、条件を満たす数値の個数をカウントする関数です。カウントするのは数値のみで文字列はカウントされません。数値、文字列など、空白以外のセルの個数を数える場合は、DCOUNTA関数を使います。使い方は、DCOUNT関数と似ています。エクセル関数には、数値や空白でないセルの個数を数える関数に、COUNT関数、COUNTA関数があります。条件に一致するセルの個数を数える関数には、COUNTIF関数、COUNTIFS関数があります。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで条件に一致するセルをカウント!COUNTIF/COUNTIFS関数