エクセル フィルターオプションの結果を別シートに抽出する方法

エクセル フィルターオプションで、条件に一致したデータを、別シートに抽出する方法を紹介しています。フィルターを使うと、複数条件での抽出や、重複していないデータの抽出もできます。データの抽出は、同じシートに抽出する場合と、別シートに抽出する場合とは、手順が違っています。ここでは、別シートへの抽出を、分かりやすく説明しています。

 

 

フィルターオプションの設定(詳細設定)とは

「詳細設定」コマンドをクリックすると、「フィルターオプションの設定」ダイアログ ボックスが開きます。

詳細設定では、フィルターではできない、複雑な条件でデータを抽出することができます。

「データ」タブ→「並び替えとフィルター」→「詳細設定」

 

フィルターオプションの結果を別シートに抽出

①.抽出する元データが入力されているシートを、Sheet1とします。

②.フィルターオプションの結果を抽出する、先のシートをSheet2とします。

③.検索条件はSheet1に入力します。検索条件は、必ず見出しを含めて入力します。

 

別シートに抽出する場合の注意点

フィルターオプションの結果を別シートに抽出する場合、手順があります。手順を間違えると、別シートに抽出できません。

1つの条件で別シートに結果を抽出

商品名で「リンゴ」を、抽出してみましょう。

Sheet1の「G1:G2」が検索条件です。

Sheet2の、A1セルを選択します。必ず、抽出する先のシートのセルを選択します。

1.データ内のセルを選択して、「詳細設定」をクリックします。

 

2.「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスが開きます。「フィルターオプションの設定」で、次のように設定しましょう。

「フィルターオプションの設定」の設定

抽出先    : 指定した範囲

リスト範囲  : Sheet1!$A$1:$E$12

検索条件範囲 : Sheet1!$G$1:$G$2

抽出範囲   : Sheet2!$A$1

ボックス内で範囲を選択すると、範囲が入力されます。

3.「OK」ボタンをクリックすると、「リンゴ」が、Sheet2に抽出されました!

 

 

AND(かつ)の複数条件で抽出

商品名が「イチゴ」で、個数が「20」のデータを、別シートに抽出します。条件を横方向に同じ行に入力すると、AND(かつ)の条件になります。

1.Sheet2の、A1セルを選択して、「詳細設定」をクリックしましょう。

2.「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスで、表のように設定しましょう。

 

3.「OK」ボタンをクリックすると、商品名が「イチゴ」かつ、個数が「20」のデータが、Sheet2に抽出されました!

 

OR(または)の複数条件で抽出

商品名が「イチゴ」または「オレンジ」のデータを抽出します。検索条件を縦方向に、同じ列に入力すると、OR(または)の条件になります。

1.Sheet2の、A1セルを選択して、「詳細設定」をクリックしましょう。

2.「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスで、表のように設定します。

 

3.「OK」ボタンをクリックすると、「イチゴ」または「オレンジ」のデータが、Sheet2に抽出されました!

 

 

ANDとORの複合条件で同じ項目での抽出

フィルターオプションでは、ANDとORが複合した、複数の条件での抽出もできます。

売上金額が「20,000より大きい」、かつ「30,000以下」、または「10,000以下」のデータを抽出します。

1.Sheet2の、A1セルを選択して、「詳細設定」をクリックしましょう。

2.「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスで、表のように設定します。

 

3.「OK」ボタンをクリックすると、売上金額が「20,000より大きい」、かつ「30,000以下」、または「10,000以下」のデータが、Sheet2に抽出されました!

 

ANDとORの複合条件で項目が違う項目での抽出

フィルターオプションでは、ANDとORが複合した、複数の条件での抽出もできます。商品名が「リンゴ」かつ、売上金額が「20,000以上」、または商品名が「オレンジ」のデータを抽出してみましょう。

1.Sheet2の、A1セルを選択して、「詳細設定」をクリックしましょう。

2.「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスで、表のように設定します。

 

3.「OK」ボタンをクリックすると、商品名が「リンゴ」かつ、売上金額が「20,000以上」、または商品名が「オレンジ」のデータが、Sheet2に抽出されました!

 

 

重複していないデータを別シートに抽出

重複していないデータを抽出する場合、メッセージがでますが、そのまま「OK」ボタンを押すと「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスが開きます。

1.元データが入力されているシートを、Sheet1とします。

2.重複していないデータを、抽出する先のシートを、Sheet2とします。

3.「詳細設定」をクリックすると、メッセージがでます。「OK」ボタンを押します。

 

4.「OK」ボタンを押すと、「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスが開きます。

1列だけが重複していないデータを別シートに抽出

重複していないデータを、抽出してみましょう。

重複していない「商品名」のデータを、「Sheet2」に抽出します。

1.「Sheet2」の「A1:B1」を選択してから、「詳細設定」をクリックしましょう。「Sheet2」の「A1:B1」を選択することがポイントになります。手順を間違えると、抽出できません。

 

2.「フィルターオプションの設定」に、次のように設定しましょう。

抽出先       : 指定した範囲(O)

リスト範囲(L)  : Sheet1!$A$1:$A$12

抽出範囲(I)   : Sheet2!$A$1

「重複するレコードは無視する」に、チェックマークを入れます。

3.「OK」ボタンをクリックすると、重複していない「商品名」が、「Sheet2」に抽出されました!

 

 

複数列で重複していないデータを別シートに抽出

「商品名」かつ「入荷日」が、重複していないデータを「Sheet2」に抽出します。

1.「Sheet2」の「A1:B1」を選択してから、「詳細設定」をクリックしましょう。

 

2.「フィルターオプションの設定」に、次のように設定します。

抽出先      : 指定した範囲(O)

リスト範囲(L)  : Sheet1!$A$1:$B$12

抽出範囲(I)   : Sheet2!$A$1:$B$1

「重複するレコードは無視する」に、チェックマークを入れます。

3.「OK」ボタンをクリックすると、「商品名」かつ「入荷日」が、重複していないデータが「Sheet2」に抽出されました!

こちらの記事もご覧ください。⇒ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

こちらの記事もご覧ください。⇒マイクロソフトオフィスソフトとプログラミングスキルが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

フィルターオプションで同シートへデータを抽出する

フィルターオプションでは、同シート、別シートへ結果を抽出したり、重複していないデータを抽出することができます。フィルターオプションで、同じシートにデータを抽出する場合、別シートとは手順が違います。ちょっとした違いで、抽出できないことがあります。同シートへの抽出法もマスターしましょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルフィルターオプション(詳細設定)で結果を抽出!

エクセル・ワード・パワーポイント・アクセス・マクロVBA・WEBプログラミングを入門から応用までらくらくマスターできる ➡ 動画パソコン教材

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセルパワーポイント・アクセスとエクセルマクロVBA・WEBプログラミング・パソコンソフト作成を入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エクセルのマクロとVBAを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

VBA・Java・WEB・C#・HTML/CSSプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓