エクセル ユーザー定義で日付の表示を変更する!西暦、和暦に変換

エクセル ユーザー定義を使うと、日付の和暦を西暦に、西暦を和暦に変更できます。セルの書式設定の日付からもできますが、ユーザー定義を使うと日付を、色々な西暦、和暦の表示ができます。エクセル関数を使っても、日付を色々な表示形式で、表示することもできますが、ユーザー定義を使うと表示形式を設定するだけで変換されます。定形の型もありますが、自由自在に表示を変更できるので、独自の日付にできます。ここでは、ユーザー定義を使って、日付を色々な和暦、西暦に変更する方法も紹介しています。和暦の表示も「平成」のように、漢字2文字で表示したりして表示させています。

 

 

ユーザ定義

セルの書式設定の、ユーザー定義を使うと独自の表示ができます。

ホームタブから開く

1.「ホーム」タブ→「数値」グループ→ダイアログボックス起動ツール

 

2.「セルの書式設定」ダイアログボックス→「表示形式」→「ユーザー定義」

右クリックから開く

1.セルを選択して右クリックします。

2.「セルの書式設定」を選択→「セルの書式設定」ダイアログボックスが開きます。

3.「表示形式」タブ→「分類」からユーザー定義をクリックします。

 

 

「ユーザー定義」で西暦、和暦を表示

エクセル ユーザー定義で、分類の日付にはない、西暦、和暦を表示しましょう。

下の表を使って、説明していきます。

 

ユーザー定義で西暦に

ユーザー定義で、色々な西暦を表示してみましょう。

yyyy/mm/dd形式で表示

セルの書式設定から、ユーザー定義を開きます。

1.「C2:C6」を選択して、右クリック→「セルの書式設定」→ユーザー定義

2.「種類」のボックスに「yyyy/mm/dd」と入力して、「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

3.日付が「yyyy/mm/dd」形式で表示されました!

 

 

yy-mm-ddで表示

1.「C2:C6」を選択して、右クリック→「セルの書式設定」→「ユーザー定義」→「種類」のボックスに「yy-mm-dd」と入力して、「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

2.日付が「yy-mm-dd」形式で表示されました!

 

yy-mmm形式で表示

1.「C2:C6」を選択して、右クリック→「セルの書式設定」→「ユーザー定義」→「種類」のボックスに「yy-mmm」と入力して、「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

2.日付が「yy-mmm」形式で表示されました!

 

 

ユーザー定義で和暦に

ユーザー定義で、色々な西暦を表示してみましょう。

ggge”年”mm”月”dd”日”形式で表示

1.「C2:C6」を選択して、右クリック→「セルの書式設定」→ユーザー定義

2.「種類」のボックスに「ggge”年”mm”月”dd”日”」と入力して、「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

3.日付が「ggge”年”mm”月”dd”日”」形式で表示されました!

 

gge”年”mm”月”dd”日”形式で表示

1.「C2:C6」を選択して、右クリック→「セルの書式設定」→「ユーザー定義」→「種類」のボックスに「gge”年”mm”月”dd”日”」と入力して、「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

2.日付が「gge”年”mm”月”dd”日”」形式で表示されました!

 

 

ge.mm.dd形式で表示

1.「C2:C6」を選択して、右クリック→「セルの書式設定」→「ユーザー定義」→「種類」のボックスに「ge.mm.dd」と入力して、「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

2.日付が「ge.mm.dd」形式で表示されました!

 

 

日付けの書式記号

年の書式記号 

yy 西暦を2桁で表示 95
yyyy 西暦を4桁で表示 1995

 

e 和暦を1桁で表示 8
ee 和暦を2桁で表示 08

 

和暦の元号

g 元号のアルファベット H
gg 元号を1文字で表示
ggg 元号 平成

 

月の書式記号

月を1桁で表示 9
mm 月を2桁で表示 09
mmm 月を英字、頭3文字で表示 Jan~Dec
mmmm 月を英字で表示 January~December
mmmmm 月を英字、頭文字で表示 J~D

 

日の書式記号

d 日を1桁で表示 5
dd 日を2桁で表示 05

 

ユーザー定義で色々な形式で表示

エクセルのユーザー定義を使うと、色々な表示ができます。ここでは、日付を色々な形式で表示する方法を紹介しましたが、時間や数字なども、規定の表示とは違う表示ができます。

ユーザー定義を使う場合は、直接、表示形式を入力してもいいですが、基になる組み込みの表示形式を選択して、新しい表示形式を入力する、簡単に入力できます。

ただし、エクセル ユーザー定義で日付を色々な形式で表示できるのは、セルに入力されているのが日付の場合です。日付で入力されていない場合は、ユーザー定義からは、日付を表示することができません。そのような時は、エクセル関数を使うと、日付の表示を変更することができます。

値が日付の場合は、ユーザー定義から、日付でない場合は、エクセル関数から、と使い分けるといいでしょう。ユーザー定義を使うと、日付の表示形式が、簡単に変更できます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル関数でyyyymmdd形式の文字列を日付に変換する方法