エクセルで生年月日から年齢を計算して年、月、日で表示する方法

エクセルDATEDIF関数で、生年月日から年齢を計算して年、月、日で表示する方法を紹介しています。DATEDIF関数は、2つの日付の間の、年数、月数、日数を計算する関数です。生年月日と今日の日付の間の年数、月数、日数を出すと、今日の年齢を何年、何ヶ月、何日で表示できます。今日の日付は、TODAY関数を使います。そうすると、DATEDIF関数とTODAY関数を組み合わせて、生年月日から年齢を年、月、日で表示できる仕組みです。生年月日から簡単に、年齢を表示できます。名簿作成などに使えます。

 

 

生年月日から年齢を計算して年、月、日で表示

エクセルDATEDIF関数で、年齢を計算して年、月、日で表示できます。

DATEDIF関数で計算した年齢を、何歳、何ヶ月、何日で表示させてみましょう。今日の日付を「2018/2/1」とします。

C2に、生年月日から計算して、今日の歳を、何歳、何ヶ月、何日で表示させる式を入力しましょう。DATEDIF関数は、手入力します。

 

C2 =DATEDIF(B2,TODAY(),”Y”)&DATEDIF(B2,TODAY(),”YM”)&DATEDIF(B2,TODAY(),”MD”)

「581014」が返されます。

上の式では、数字のみの結果になってしまいます!

年、月、日の間に「歳」、「ヶ月」、「日」を入れてみましょう。

C2 =DATEDIF(B2,TODAY(),”Y”)&”歳”&DATEDIF(B2,TODAY(),”YM”)&”ヶ月”&DATEDIF(B2,TODAY(),”MD”)&”日”

「58歳10ヶ月14日」が表示されました!

この式は、DATEDIF関数で、単位を「Y]で指定して「年」を計算し、「YM」で「月」を、「MD」で日数を計算して、それぞれを&でつないで、今日の年齢を、何歳、何ヶ月、何日で表示させています。

C2の式をドラッグして、下にコピーしましょう。

今日の年齢が、何歳、何ヶ月、何日で表示されました!

 

 

DATEDIF関数で年数、月数、日数を表示

DATEDIF関数の基本的な使い方です。

指定する単位を変えて、開始日、終了日間の年数、月数、日数を計算してみましょう。

 

単位「Y」を指定

C2 =DATEDIF(A2,B2,”Y”)

「2」年が返されます。

単位「Y」は、期間の年数を返します。

単位「M」を指定

C3 =DATEDIF(A3,B3,”M”)

「13」月が返されます。

単位「M」は、期間の月数を返します。

単位「D」を指定

C4 =DATEDIF(A4,B4,”D”)

「385」日が返されます。

単位「D」は、期間の日数を返します。

単位「MD」を指定

C5 =DATEDIF(A5,B5,”MD”)

「20」日が返されます。

単位「MD」は、日付の月数および年数は無視した、開始日から終了日までの日数を返します。

単位「YM」を指定

C6 =DATEDIF(A6,B6,”YM”)

「1」月が返されます。

単位「YM」は、日付の日数および年数を無視した、開始日から終了日までの月数を返します。

単位「YD」を指定

C7 =DATEDIF(A7,B7,”YD”)

「81」日が返されます。

単位「YD」は、日付の年数を無視した、開始日から終了日までの日数を返します。

 

 

関数の説明

DATEDIF関数

2つの期間の年数、月数、日数を計算します。年齢や、期間を計算する場合に便利です。

エクセルDATEDIF関数は、関数ウィザードの関数名一覧にありません。手入力しましょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルDATEDIF関数を使わずに生年月日から年齢を計算する方法

DATEDIF関数の書式と引数

DATEDIF(開始日,終了日,単位)

開始日期間の開始日を指定します。
終了日期間の終了日を指定します。
単位返される情報の種類を指定します。

 

DATEDIF関数の単位

単位戻り値
 “Y”期間の年数
 “M”期間の月数
 “D”期間の日数
 “MD”開始日から終了日までの日数。 日付の月数および年数は無視されます制限があるため、”MD” 引数の使用はお勧めしません。
 “YM”開始日から終了日までの月数。 日付の日数および年数は無視されます。
 “YD”開始日から終了日までの日数。 日付の年数は無視されます。

 

 

TODAY関数

現在の日付をシリアル値で返します。シリアル値は、Excel で日付や時刻の計算に使用されるコードのことです。

TODAY関数の書式

TODAY()

TODAY関数の書式には引数はありません。

TODAY関数の使い方

今日の日付を、2015/1/6で説明します。

数式説明結果今日の日付
=TODAY()現在の日付を返します。2015/1/62015/1/6
=TODAY()-5現在の日付から5日前の日付を返します。2015/1/12015/1/6

こちらの記事もご覧ください。⇒ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

こちらの記事もご覧ください。⇒マイクロソフトオフィスソフトとプログラミングスキルが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

西暦でも和暦でも年、月、日で表示させる

エクセルDATEDIF関数は、日付けが西暦でも和暦でも、生年月日から年齢を計算して年、月、日で表示できます。単位を変えることで、開始日と終了日の期間を計算して、年数、月数、日数で表示できます。日付の入力は、セル参照でもできます。ダブルクォーテーションをつけることによって、日付を直接入力して、計算することもできます。DATEDIF関数は年齢を計算できる便利な関数ですが、関数ウィザードの関数名一覧にDATEDIF 関数はありません。使用するときは、直接入力して使いましょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで生年月日から今日の年齢を計算する方法

WEBプログラミングを入門から応用までらくらくマスターできる ➡ 動画パソコン教材

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセルパワーポイント・アクセスとエクセルマクロVBA・WEBプログラミング・パソコンソフト作成を入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エクセルのマクロとVBAを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

VBA・Java・WEB・C#・HTML/CSSプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓