エクセルでウィンドウ枠、行や列を同時に固定する方法!

エクセルで行や列を同時に固定してスクロールする方法を紹介しています。もちろん、行だけ、列だけ固定する方法も説明しています。とても便利です。エクセルには「ウィンドウ枠の固定」という機能があります。この機能を使用すると、エクセルの行や列が固定されて、スクロールしても表示されたままになります。データ量が多いと表全体が見えません。上下にスクロールすると、見出しが見えなくなり、情報が分からなくなります。このようなときに「ウィンドウ枠の固定」が役立ちます。

 

 

ウィンドウ枠の固定

「ウィンドウ枠の固定」はウィンドウ枠を固定するエクセルの機能です。

ワークシートをスクロールしても、行または列は固定されて、表示されたままになります。

簡単に、行だけ、列だけ固定したり、行と列を同時に固定させることもできます。

 

「表示」タブ→「ウィンドウ」グループ→「ウィンドウ枠の固定」

 

 

ウィンドウ枠の固定

エクセル「ウィンドウ枠の固定」は「行の固定」「列の固定」「行と列固定」 の3種類あります。

①行または列を固定するとき、セルを選択する必要はありません。任意のセルでOKです。

②行と列を固定するとき、セルを選択する必要があります。

行を固定

先頭行を固定してみましょう。

1.「ウィンドウ枠の固定」から「先頭行の固定」をクリックします。

 

2.先頭行が固定されました。

 

列を固定

先頭列を固定してみましょう。

1.「ウィンドウ枠の固定」から「先頭列の固定」をクリックします。

 

2.先頭列が固定されました。

 

行と列を固定

先頭行と先頭列を同時に固定してみましょう。

1.「B2」を選択します。ここがポイントです。

 

2.「ウィンドウ枠の固定」から「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。

 

3.先頭行と先頭列が固定されました。

 

 

固定した行や列を解除

ウィンドウ枠が固定されています。一括で、固定を解除してみましょう。

1.「ウィンドウ枠の固定」から「ウィンドウ枠固定の解除」をクリックします。

 

2.ウィンドウ枠の固定が解除されました。

 

行、列を固定して印刷する

先頭行、先頭列は見出しとなることが多いです。印刷が複数ページになる場合は、各ページに見出しを付けて印刷すると、印刷物が見やすくなります。

先頭行、先頭列を各ページに、固定して印刷してみましょう。

先頭行を固定して印刷

一番上の行を、見出しとして各ページに印刷します。

1.「ページレイアウト」タブ→「ページ設定」グループ→「印刷タイトル」をクリックします。

 

2.「ページ設定」ダイアログボックスが開きます。

 

「ページ設定」ダイアログボックスに、次のように入力しましょう。

   タイトル行(R) : $1:$1

♦「タイトル行(R)」のボックスで、一番上の行を選択すると、上の式が自動で入力されます。

3.「OK」ボタンを、クリックしましょう。

4.先頭行が見出しとして、印刷する各ページに設定されます。

印刷プレビューで確認してみましょう。

先頭列を各ページに印刷

一番左の列を見出しとして、各ページに印刷します。

1.「印刷タイトル」をクリックしましょう。「ページ設定」ダイアログボックスが開きます。

 

「ページ設定」ダイアログボックスに、次のように入力しましょう。

   タイトル行(C) : $A:$A

♦「タイトル列(C)」のボックスで、一番左の列を選択すると、上の式が自動で入力されます。

2.「OK」ボタンを、クリックしましょう。

3.先頭列が見出しとして、印刷する各ページに設定されます。

複数の行や列を固定

エクセル「ウィンドウ枠の固定」の機能で、行や列を固定・行と列を同時に固定して表示する方法を紹介しましたが、この機能を使用すると、複数の行や列を固定して表示させることもできます。

固定したいのは先頭行や先頭列だけではありません。複数の行や列、または複数の行と列を固定させたい時もあります。情報を分かりやすくするために、行や列を固定させる方法と合わせて覚えておきたい方法です。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで複数の行と列を固定してスクロールする方法と解除