エクセルで行や列を挿入する方法!

エクセルで行や列を挿入する方法を、紹介しています。例えば表に1行だけ挿入して、データを追加したい、1列だけ挿入して、項目を追加したい時に、役立ちます。ここでは、右クリックして挿入する方法と、エクセル「セル挿入」機能を使って、行や列を挿入する2つの方法を紹介しています。あっという間に、1行おきに行が挿入できます。このテクニックを使うと、仕事がスピーディーに、楽になります。

 

 

行や列の挿入

A行とB行の間に1行挿入したい。

A列とB列の間に1列挿入したい。

そのような時に、エクセルの行または列の挿入を使います。

どの行、どの列に挿入するかで、選択する行と列が違ってきます。

行を挿入

5行目と6行目の間に、1行挿入してみましょう。

1.6行目の行番号を選択します。ここがポイントです。選択した行の上に、行が挿入されます。

 

2.右クリックして、挿入を選択します。

 

3.5行目と6行目の間に、行が挿入されました。

列を挿入

1列目と2列目の間に、1列挿入してみましょう。

1.2列目の列番号を選択します。ここがポイントです。選択した列の左側に、列が挿入されます。

 

2.右クリックして、挿入を選択します。

 

3.1列目と2列目の間に、列が挿入されました。

 

 

エクセル「挿入」機能

エクセルの「挿入」機能を使って、行や列を挿入する方法です。

 

 

「ホーム」タブ→「セル」グループ→「挿入」▼

行を挿入

2行目と3行目の間に、1行挿入してみましょう。

1.3行目の行番号を選択して、「セルの挿入」または「シートの行を挿入」をクリックします。選択した行の上に、行が挿入されます。

 

2.2行目と3行目の間に、行が挿入されました。

列を挿入

1列目と2列目の間に、1列挿入してみましょう。

1.2列目の列番号を選択して、「セルの挿入」または「シートの列を挿入」をクリックしましょう。選択した列の左側に、列が挿入されます。

 

2.1列目と2列目の間に、列が挿入されました。

行や列を挿入するショートカットキー

行や列を挿入するショートカットキーです。

「Ctrl」+「Shift」+「+」キー

複数の行や列をを挿入する

エクセルで1行、1列を挿入する方法を紹介しましたが、複数の行や列を挿入することができます。連続した複数の行や列、または不連続の行や列を挿入することができます。

この場合のショートカットキーも同じです。「Ctrl」+「Shift」+「+」キー で複数の行や列を挿入することができます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで複数の行や列を挿入する方法!