重複しないデータを抽出する方法!エクセル重複の削除で表示させる

エクセルで、こんなに簡単に重複しないデータを抽出できる、という方法を紹介しています。重複しないデータを、抽出する方法はいくつかありますが、ここで紹介しているのは、エクセルの「重複の削除」機能を使った方法です。重複しているデータを一括で削除して、重複していないデータを一発で抽出できます。ワンクリックで重複データが削除され、重複しないデータだけが残るという仕組みです。こんな簡単な方法はありません。

 

 

「重複の削除」で重複しないデータを抽出

エクセル「重複の削除」機能

エクセルの「重複の削除」を使うと、重複しているデータを一括で削除できます。

 

「データ」タブ→「データツール」グループ→「重複の削除」

 

 

使用データ

下の表を使って、重複しないデータを抽出する方法を説明していきます。

 

 

1列だけが重複していないデータを抽出

「商品番号」が重複しているデータを削除しましょう。

1.重複するデータを削除したい範囲内で、任意のセルを選択します。「A1:B15」内のセルを選択して、「重複の削除」をクリックしましょう。

2.「重複の削除」ダイアログボックスが開きます。「商品番号」だけに、チェックマークを入れましょう。

3.「OK」ボタンをクリックします。

 

4.メッセージがでるので、「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

5.重複している「商品番号」が削除されて、重複しないデータだけが抽出されました!

 

 

複数列で重複していないデータを抽出

「商品番号」かつ、「保障№」が重複しているデータを、削除しましょう。

1.重複するデータを削除したい範囲「A1:B15」で、任意のセルを選択して、「重複の削除」をクリックします。

2.「重複の削除」ダイアログボックスが開きます。「商品番号」と「保障№」にチェックマークを入れて、「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

3.メッセージがでるので、「OK」ボタンをクリックします。

 

4.「商品番号」かつ「、保障№」が重複しているデータが一括で削除されました!

 

重複データの中で優先するデータだけを残す

エクセルの「重複の削除」を使うと、重複データの中で、優先するデータだけを残して、重複しないデータをだけを抽出することができます。

例えば、商品名が重複しているデータがあります。重複データの中で、一番金額が高い商品だけ抽出したい!

このような時、エクセルの「重複の削除」の出番です。簡単に一括で、優先するデータだけを残して、他の重複データを削除できます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで重複データを削除!優先するデータを重複の削除で残す