エクセルで優先する重複データだけを残して抽出!エクセル 重複の削除を使う

エクセルで重複データがある場合、重複データの中で優先するデータだけを残して抽出することができます。それには、エクセル「重複の削除」を使います。「重複の削除」で、不要な重複データだけを一括で削除して、優先する重複データだけを残します。最初、下準備として、優先する順位でデータの並び替えをします。優先順位で並び替えた後は、「重複の削除」で一括で、不要な重複データを削除して、優先する重複データだけを残して抽出します。こんなに、簡単に重複データを削除できることに、驚くでしょう。

 

 

「重複の削除」で優先するデータを抽出

優先するデータだけを残す手順

1.データを、エクセルの「並び替え」機能で並び替える

2.エクセルの「重複の削除」で重複データを削除する

この2つの作業をするだけで、重複データの中で優先するデータだけを残して、他の重複するデータを削除できます。

エクセル「重複の削除」機能

エクセルの「重複の削除」は、重複しているデータを一括で削除します。

 

「データ」タブ→「データツール」グループ→「重複の削除」

エクセル「並び替え」機能

エクセル「並び替え」機能を使うと、指定したキーでデータの並び替えができます。

 

「データ」タブ→「並び替えとフィルター」グループ→「並び替え」

 

 

重複データの中で優先するデータだけを残す

重複データの中で優先するデータだけを残して、他の重複するデータは削除します。

早速、始めてみましょう。

優先順位の順番でデータの並び替え

下の表を見ると、「商品№」が重複しています。

重複している「商品№」の、「個数」が一番多いデータだけを残して、他の重複データは削除します。

重複データの中で、優先するデータを抽出できるようにするには、最初、データの並び替えをします。

 

1.並び替えるデータの範囲内の、セルを選択します。「A1:C15」内のセルを選択して、「並び替え」をクリックしましょう。

 

「並べ替え」ダイアログボックスに、次のように入力しましょう。

   最優先されるキー : 商品№

   順序       : 昇順

レベルの追加(A)をクリックすると、「次に優先されるキー」ボックスが追加されます。

   次に優先されるキー: 個数

   順序       : 降順

 

 

2.入力が終わったら「OK」ボタンをクリックしましょう。

3.データが「商品№」で昇順、次に「個数」で降順に並び替えられました!

 

データを、最優先されるキー「商品№」で並び替えたので、重複データは一塊になっています。

次に優先されるキーを「個数」で降順で並び替えたので、個数が一番多い順に上から表示されています。

つまり、データは重複データごとに、優先順位の順番で、上から並んでいます。重複するデータの一番上が、優先するデータになっているのを確認しましょう。

これで、優先する重複データを残して、他の不要な重複データを削除する準備ができました。

 

 

「重複の削除」で重複しないデータを抽出

ここから、「重複の削除」で、不要な重複データを一括で削除しましょう。

1.重複するデータを削除したい範囲内で、任意のセルを選択します。「A1:C15」内のセルを選択して、「重複の削除」をクリックしましょう。

2.「重複の削除」ダイアログボックスが開きます。「商品番号」だけにチェックマークを入れて、「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

3.重複データが削除されて、重複しないデータが抽出されました! 優先する重複データが、残されているのを確認しましょう。

 

エクセルの「フィルター」機能で優先するデータを抽出

ここでは、エクセルの「重複の削除」機能を使って、優先するデータを抽出する方法を紹介しましたが、他にも方法があります。エクセルの「フィルター」機能を使う方法です。

それには、COUNTIF関数で、どのデータが重複しているのか調べたデータを基に、重複しないデータを表示して抽出し、「フィルター」で重複データを削除して、優先するデータを残すやり方です。重複データを削除する前に、重複データをチェックしたい場合は、この方法がお勧めです。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで重複データを削除!優先するデータをフィルターで残す