エクセルで重複データを削除!優先するデータをフィルターで残す

エクセルで、重複データの中で優先するデータだけを残して、他の重複するデータを削除する方法を紹介しています。ここでは、エクセルの「フィルター」を使った方法で説明しています。フィルターで絞込んで、重複しないデータを削除、または重複しないデータをコピーします。優先するデータだけを残して、重複しないデータを表示させる方法を、2つのやり方で分かりやすく説明しています。

 

 

フィルターで優先するデータを抽出

優先するデータだけを残す手順

1.データを、エクセルの「並び替え」機能で並び替える

2.エクセルCOUNTIF関数で、重複しているデータを調べる。

3.フィルターで重複データを抽出して削除する。

この手順で、重複データの中で優先するデータだけを残して、他の重複するデータを削除できます。

エクセル「並び替え」機能

エクセル「並び替え」機能を使うと、指定したキーでデータの並び替えができます。

 

「データ」タブ→「並び替えとフィルター」グループ→「並び替え」

エクセル「フィルター」機能

データにフィルターをかけると、抽出したいデータを表示させることができます。

「データ」タブ→「並び替えとフィルター」グループ→「フィルター」

 

 

重複データの中で優先するデータだけを残す方法

データの並び替え

下の、データを使って説明していきましょう。

重複データの中で優先するデータを抽出できるように、まず、データを並び替えなくてはいけません。

 

1.並び替える範囲内のセルを選択します。「並び替え」をクリックします。

「並べ替え」ダイアログボックスに次のように入力しましょう。

最優先されるキー:商品№

順序:昇順

レベルの追加(A)をクリックすると「次に優先されるキー」ボックスが追加されます。

次に優先されるキー:個数

順序:降順

入力が終わったら「OK」ボタンをクリックします。

 

2.データが「商品№」で昇順、次に「個数」で降順に並び替えられました!

データは優先順位の順番で、並んでいます。重複するデータの一番上が、優先するデータになっているのを確認しましょう。

 

COUNTIF関数で重複データをチェックする

エクセルCOUNTIF関数で、どのデータが重複しているのか調べます。重複しているデータには「重複」と表示してみましょう。

ポイントは、2つ目から現れる重複データを調べることです。

「D2」に2つ目から現れる重複データに、重複と表示する式を入力します。

D2 =IF(COUNTIF($A$2:A2,A2)>1,”重複”,””)

「D2」の式を下にドラッグしてコピーしましょう。2つ目から現れる重複データに「重複」と表示されました。

次に、フィルターで重複データを絞り込んでみましょう。

 

 

重複しないデータを削除して抽出

ここから、COUNTIF関数で、どのデータが重複しているのか調べたデータを基に、フィルターで重複しないデータを表示しましょう。

1.データが入力されている範囲内のセルを選択し、「フィルター」をクリックします。

チェック」の項目▼から「空白セル」にチェックマークを入れて、「OK」ボタンをクリックします。

 

2.重複していないデータが表示されました。このデータをコピーします。

表示されているデータだけをコピーするには、コピーしたい範囲を選択して「Alt+;」を押します。

ここでは、「A1:C14」ですね。

「A1:C14」を選択→「Alt+;」を押す→データをコピーして貼り付け。

 

3.重複データの中で、優先するデータだけを残して抽出できました!

 

 

重複データを削除して抽出

今度は、重複したデータをフィルターで絞り込んで、重複データを削除し、優先するデータだけを残して抽出してみましょう。

1.データが入力されている範囲内のセルを選択し「フィルター」をクリックします。

「チェック」の項目▼から「重複」にチェックマークを入れて、「OK」ボタンをクリックします。

 

2.重複データが表示されました。この、重複データを削除します。

表示されているデータだけを削除するには、削除する範囲を選択して「Alt+;」を押します。

削除する範囲を選択→「Alt+;」を押す→右クリックで「行の削除」を選択。

 

3.重複データの中で、優先するデータだけを残して抽出できました!

 

 

COUNTIF関数の説明

COUNTIF関数

指定した範囲に含まれる、検索条件に一致するセルの個数を返します。

COUNTIF関数の書式と引数

COUNTIF(範囲,検索条件)

範囲検索条件に一致するセルの個数を求める範囲を指定します。
検索条件条件を、数値、式、または文字列で指定します。式、文字列で指定する場合は「”」で囲みます。

COUNTIF関数の使い方

数式結果
B2=COUNTIF($A$2:$A$10,”りんご”) 商品名がA列に入力されています。商品名「りんご」は範囲「A2:A10」に2つあります。数式の結果は「2」になります。

こちらの記事もご覧ください。⇒ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

こちらの記事もご覧ください。⇒マイクロソフトオフィスソフトとプログラミングスキルが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

エクセルの「重複の削除」機能で優先するデータを抽出

ここでは、エクセルの「フィルター」機能を使って優先するデータを抽出する方法を紹介しましたが、エクセルの「重複の削除」機能を使った方法もあります。

エクセルの「重複の削除」の特性を使うと、簡単に重複データの中で優先するデータだけを残して、重複データを削除できます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで重複データを削除!優先するデータを重複の削除で残す

WEBプログラミングを入門から応用までらくらくマスターできる ➡ 動画パソコン教材

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセルパワーポイント・アクセスとエクセルマクロVBA・WEBプログラミング・パソコンソフト作成を入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エクセルのマクロとVBAを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

VBA・Java・WEB・C#・HTML/CSSプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓