エクセル条件付き書式で重複している行に色を付ける方法

エクセルの条件付き書式で、重複しているデータの行に色を付ける方法を紹介しています。条件付き書式で、重複しているセルに色を付けることもできますが、セルだけに色を付けても、どのデータが重複してるのか分かりにくいです。データ量が多いと、上下左右にスクロールした時、画面にセルが収まらないときもあります。このような時、重複データの行に色を付けると、重複データが一目瞭然です。

 

 

条件付き書式で重複している行全体に色を付ける

重複の行全体に色を付ける手順

1.COUNTIF関数で重複データをチェックする。

2.エクセルの「条件付き書式」で重複データの行に色を付ける

この順序で作業を進めると、重複している行に色を付けることができます。

ここから、その方法を説明していきましょう。

条件付き書式

条件付き書式で、条件を満たすセルに書式を設定することができます。

 

「ホーム」タブ→「スタイル」グループ→「条件付き書式」

重複している行に色を付ける

重複している行に色を付けるには、最初、COUNTIF関数で重複データを調べなければいけません。

調べたデータを基に、条件付き書式で色を付けていきます。

早速、COUNTIF関数で重複データを調べてみましょう。

 

 

COUNTIF関数で重複データをチェックする

下の表で説明していきます。

表の「品番」が重複しています。

C列に、重複データをチェックする式を入力してみましょう。

C2 =IF(COUNTIF($A$2:A2,A2)>1,”重複”,””)

C2の式を下にドラッグしてコピーしましょう。

検索範囲「$A$2:A2」は、範囲の先頭を固定にして、コピーすると、検索終了セルが下にずれていきます。

先頭から最初に現れた「品番」は、1つ目なので「空白」、重複する「品番」は1以上なので「重複」が表示されます。

 

 

条件付き書式で重複データの行に色付け

COUNTIF関数で重複データをチェックしたデータを基に、条件付き書式で重複している行に色を付けていきましょう。

1.表を選択して、「条件付き書式」→「新しいルール(N)」をクリックします。

 

2.「新しい書式ルール」ダイアログボックスが開きます。「数式を使用して、書式設定をするセルを決定」を選択しましょう。

「新しい書式ルール」に、次のように入力しましょう。

ルールの種類を選択してください(S): 数式を使用して、書式設定をするセルを決定

次の数式を満たす場合に値を書式設定(O): =$C2=”重複”

入力が終わったら「書式(F)」をクリックします。

 

 

3.「セルの書式設定」ダイアログボックスが開くので、「塗りつぶし」タブで、セルを塗りつぶす色を選択しましょう。

色を選択して「OK」ボタンをクリックします。

 

4.画面が「新しい書式ルール」ダイアログボックスに切り替わるので、「OK」ボタンをクリックします。

 

5.重複データの行に色が付きました!

 

条件付き書式で、重複しているセルに色を付ける

ここでは、エクセル「条件付き書式」で、重複している行に色を付ける方法を紹介しましたが、条件付き書式で、重複しているセルに色を付けることもできます。それには、COUNTIF関数の数式を使う方法と、条件付き書式の「セルの強調表示ルール」を使う方法の2つあります。COUNTIF関数を使うと自動で重複データのセルに色が付きます。「セルの強調表示ルール」を使うと、簡単に一括で重複データのセルに色が付きます。

こちらの記事もご覧ください。⇒重複データに色を付ける方法!エクセル条件付き書式を使います