重複データに1クリックで色を付ける!エクセル条件付き書式で簡単に

エクセル条件付き書式で、重複データに、こんなに簡単に一括で色を付けられる、という方法を紹介しています。それには、条件付き書式の「セルの強調表示ルール」を使います。とにかく、さくっとワンクリックで簡単に、重複データのセルに色を付けられます。特別な作業は一切いりません。重複データに色を付けることで、どのデータが重複しているのか分かりやすくなります。「セルの強調表示ルール」は、単純に重複データを、他のデータと区別するために、色を付けたい時にお勧めです。一度は使ってみる価値があります。

 

 

条件付き書式

条件付き書式で、条件を満たすセルに、書式を設定することができます。

「ホーム」タブ→「スタイル」グループ→「条件付き書式」

 

 

条件付き書式で重複データに色を付ける

「品番」が重複しています。条件付き書式で、重複している「品番」に色をつけましょう。

1.重複しているセル範囲、「A2:A15」を選択します。

 

2.「条件付き書式」→「セルの強調表示ルール」→「重複する値」をクリックしましょう。

 

3.「重複する値」ダイアログボックスが開きます。ここでは、書式に、「濃い緑の文字、緑の背景」を、選択してみましょう。

 

「次の値を含むセルを書式設定」に、次のように入力します。

値  :  重複

書式 :  濃い緑の文字、緑の背景

書式設定が終わったら、「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

 

4. 重複データのセルに一括で、「濃い緑の文字、緑の背景」の色が付けられました!

こちらの記事もご覧ください。⇒ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

こちらの記事もご覧ください。⇒マイクロソフトオフィスソフトとプログラミングスキルが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

エクセルの機能で重複データを削除できます

ここでは、「セルの強調表示ルール」を使って、条件付き書式で重複データに色を付ける方法を紹介しましたが、重複データのセルに色を付けるには、重複データをカウントするCOUNTIF関数を使ってもできます。

数式を使うと、自動で重複データのセルに色を付けることができます。設定すると、そのセルをコピーするだけで、重複デーがのセルに色が付く仕組みです。

「セルの強調表示ルール」を使うと、自動にはなりませんが、簡単に一括で重複データに色が付けられるという利点があります。

必用に応じて、2つの方法を使い分けた方がよいでしょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル条件付き書式で重複データに色付け!重複をカウントするCOUNTIFを使う

WEBプログラミングを入門から応用までらくらくマスターできる ➡ 動画パソコン教材

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセルパワーポイント・アクセスとエクセルマクロVBA・WEBプログラミング・パソコンソフト作成を入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エクセルのマクロとVBAを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

VBA・Java・WEB・C#・HTML/CSSプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓