エクセル関数でスペースを削除!色々な文字の置き換え

エクセルREPLACE関数を使って、スペースを置き換えで削除する方法を紹介しています。エクセル関数REPLACEは開始位置から指定した文字数だけ、他の文字に置き換える関数です。文字列の、ある一定の位置にスペースがある。この不要なスペースを削除したいとき、REPLACE関数でスペースを「””」に置き換えて削除できます。スペースを他の文字に置き換えて表示することもできます。

 

 

REPLACE関数

REPLACE関数は開始位置を指定して、指定された文字数だけ別の文字に置き換えます。特定の文字を取り出したい時に、いらない文字を空白に置き換えて抽出することもできます。非常に便利な関数です。

REPLACE関数の書式と引数

REPLACE(文字列,開始位置,文字数,置換文字列)

文字列 置き換えを行う文字列を指定します。
開始位置 置き換える文字の先頭文字の位置を、置き換えを行う文字列の左端から数えた数、数値で指定します。
文字数 置き換える文字数を指定します。
置換文字列 置き換える文字列を指定します。置き換えの対象となる文字列が、指定した文字列に変更されます。

 

 

空白を削除する

REPLACE関数で「コード」の中にあるスペースを削除しましょう。「空白」を「””」に置き換えます。

B2に式を入力します。

B2 =REPLACE(REPLACE(A2,5,1,””),9,1,””)

「201231571687」が返されました!

B2の式をドラッグして、「B3:B6」にコピーします。

スペースが指定通り、削除されました!

 

 

空白を他の文字に置き換える

次は、REPLACE関数で「コード」の中にあるスペースを、「-」に置き換えてみましょう。

B2に式を入力します。

B2 =REPLACE(REPLACE(A2,5,1,”-“),10,1,”-“)

「2012-3157-1687」が返されました!

B2の式をドラッグして、「B3:B6」にコピーします。

スペースが指定通り、「-」に置き換えられました!

 

 

指定した位置から文字を置き換える(基本)

もう一度、REPLACE関数を復習してみましょう。REPLACE関数の基本です。

コードの2番目の位置から1文字を、「A」に置き換えてみましょう。

B2に式を入力します。

B2 =REPLACE(A2,2,1,”A”)

「2A12 3157 1687」が返されました!

B2の式をドラッグして、「B3:B6」にコピーします。

コードの2番目の位置から1文字が、「A」に置き換えられました!

複数の文字を置換える

エクセルREPLACE関数を使って、置き換えでスペースを削除する方法を紹介しましたが、置き換えたい文字が複数ある場合は、複数の文字を他の文字に置換えることができるでしょうか? もちろん、REPLAC関数は置換えたい文字が複数あっても、他の文字に置き換えることができます。文字を他の文字に置き換える関数は他にもありますが、REPLACE関数は、一定の位置にある一定の文字数を置換えたいとき、一括でセル範囲に入力されている文字を、他の文字に置き換えることができます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル 置き換えで文字やスペースを削除