複数条件に一致するセルを合計する!エクセルSUMIFS関数の使い方

エクセルSUMIFS関数は、複数条件に一致する、セルの値の合計を求める関数です。SUMIFS関数の複数条件は、AND条件です。AかつBかつCと、複数の条件を127組まで指定できます。条件式には、数値、式、セル参照、または文字列を指定して、セルの合計を求めます。使い方は簡単です。複数条件に一致する、セルの合計を求めたいなら、SUMIFS関数です。ここでは、SUMIFS関数の使い方を分かりやすく説明しています。複数条件に合った合計を求めることが、簡単にできるようになります。

 

 

エクセルSUMIFS関数

SUMIFS関数は複数条件に一致している、データの合計を求める関数です。検索条件には、ワイルドカード文字も使用できます。

SUMIFS関数の書式と引数

SUMIFS(合計対象範囲, 条件範囲 1, 条件 1, [条件範囲 2, 条件 2], …)

合計対象範囲 合計するセルの範囲を指定します。範囲にある空の値や、テキスト値は無視されます。
条件範囲1 条件による評価の対象となるセルの範囲を指定します。
条件1 条件を数値、式、セル参照、または文字列で指定します。

 

複数条件で合計(基本)

SUMIFS関数の複数条件は、AND(かつ)の条件になります。

H2に、商品名「ノートA4」かつ、 店舗「銀座」の、合計金額をだしてみましょう。

 

H2 =SUMIFS($D$2:$D$9,$A$2:$A$9,F2,$B$2:$B$9,G2)

「8,000」が返されます。

H2の式をドラッグして、「H3:H4」にコピーしましょう。

合計金額が表示されました。

 

 

不等号を使用して合計

SUMIFS関数で不等号を使用するときには、ルールがあります。

数値で指定する場合と、セル参照で指定する場合とは、指定方法が違うので、気をつけましょう。

下の表を使って、説明していきます。

 

条件を数値で指定

I2に、数量「20以上」、かつ 店舗「銀座」の、金額を合計する式を入力しましょう。

I2 =SUMIFS(E2:E9,D2:D9,”>=20″,B2:B9,H2)

次の式でもいいです。

I2 =SUMIFS(E2:E9,D2:D9,”>=20″,B2:B9,”銀座”)

「8,000」が返されます。

数値で指定する場合、「”>=20″」と入力します。

「>=20」を「”」(ダブルクォーテーション)で囲みます。

条件をセル参照で指定

I3に、数量「15以上」、かつ 店舗「東京」の、金額を合計する式を入力しましょう。

I3 =SUMIFS(E2:E9,D2:D9,”>=”&G3,B2:B9,H3)

「7,100」が返されます。

セル参照で入力する場合「”>=”&G3」と入力します。

「>=」を「”」(ダブルクォーテーション)で囲んで、「”>=”」と「G3」を「&」でつなぎます。

SUMIFS関数に不等号を使用するときには、セル参照では指定方法が特殊なので、覚えておきましょう。

 

 

ワイルドカードを使用して合計

文字列で指定

H2に、商品名「A4を含む」、かつ 店舗「銀座」の、金額を合計する式を入力しましょう。

H2 =SUMIFS(D2:D9,A2:A9,”*A4*”,B2:B9,”銀座”)

「8,000」が返されます。

文字列で入力する場合「”*A4*”」と入力します。

セル参照で指定

H3に、商品名「A3を含む」、かつ 店舗「東京」の、金額を合計する式を入力しましょう。

H3 =SUMIFS(D2:D9,A2:A9,F3,B2:B9,G3)

「6,100」が返されます。

セル参照の場合、「F3」と入力します。

 

 

エクセルSUMIFS関数でよく使う比較演算子とワイルドカード

比較演算子

意味
= 等しい
> より大きい
< より小さい
>= 以上
<= 以下
<> 等しくない

 

ワイルドカード

文字 説明 使用例
* 任意の数の文字。アスタリスク (*) は文字列のどの場所でも使用できます。 *abの場合cab、cdabは検索されますが、abdは検索されません。
? 指定した場所の任意の 1 文字 b?cの場合、bacは検索されますが、baacは検索されません。

 

同じ列で合計を出す

エクセルSUMIFS関数は、複数条件に一致するセルの合計を求めることができますが、条件はAND(かつ)になります。なので、複数の列の条件に一致する、セルの値の合計を求めることになります。では、同じ列での、複数条件で合計を求めることができるのでしょか? 同じ列での複数条件はOR条件になりますが、SUMIFS関数で求めることができます。SUM関数と組み合わせると、OR条件を指定して合計が出せます。

こちらの記事もご覧ください。⇒複数列でOR条件に一致するセルを合計!エクセルSUMIFS関数