エクセルVBA!数式バーを表示、非表示にする!

エクセルで作業をしている時、数式バーを非表示にしたいという事はないでしょうか。数式バーを非表示にして、画面を大きく使いたい!数式バーが邪魔に感じる!といった場合、エクセルVBAで、数式バーを表示、非表示にできます。数式バーを全く使わない場合は、ファイルを開いたときから非表示にできます。ファイルを閉じるとき、数式バーを表示させる設定をすると、数式バーが元に戻ります。数式バーを作業中に使いたいので、ちょっとそれでは困る、といった場合は、VBAで数式バーを表示、非表示にするボタンを作ればいいです。必要に応じて、数式バーの表示、非表示の切り替えができます。数式バーが非表示になるだけで、画面が広くなります。数式バーは「表示」タブからでも、手動で非表示にできますが、VBAを使うと、ファイルを開いた時に自動で、数式バーを非表示にできます。

 

 

数式バーを表示、非表示にする

エクセルVBAで数式バーを表示、非表示にする設定は、DisplayFormulaBar プロパティを使います。

構文 :  object.DisplayFormulaBar

DisplayFormulaBar プロパティに False を設定すると、数式バーが非表示に、True を設定すると、数式バーが表示になります。

数式バーを非表示にする

Application.DisplayFormulaBar = False

数式バーを表示にする

Application.DisplayFormulaBar = True

 

 

数式バーを表示、非表示にする使用例

ブックを開いたとき、数式バーを非表示にし、閉じた時、元に戻すコードです。

ブックを閉じる時、元に戻すコードを設定しないと、エクセルファイル全てのファイルの数式バーが、非表示になります。

標準モジュールに記述

ブックを開いたとき、数式バーが非表示になるコードです。

Sub Auto_Open()
Application.DisplayFormulaBar = False
End Sub

ブックを閉じた時とき、数式バーが表示になるコードです。

Sub Auto_Close()
Application.DisplayFormulaBar = True
End Sub

 

 

ボタンをクリックした時、数式バーを非表示にする

エクセル シートに、数式バーを非表示にするボタン、表示するボタンを2つ作ります。

2つのボタンに、それぞれ数式バーを表示、非表示にするマクロを登録しましょう。

ボタンをクリックすると、数式バーが非表示になります。

Private Sub CommandButton1_Click()
Application.DisplayFormulaBar = False
End Sub

ボタンをクリックすると、数式バーが表示されます。

Private Sub CommandButton1_Click()
Application.DisplayFormulaBar = True
End Sub

エクセルファイルの数式バーを非表示、表示

エクセルVBAで、数式バーを表示、非表示にする方法を紹介しましたが、特定のファイルのみで数式バーを非表示にする場合は、必ず、ファイルを閉じる時、数式バーを表示にするVBAを作成しましょう。ファイルを閉じる時、DisplayFormulaBar プロパティにTrue を設定すると、非表示になっていた数式バーが元に戻ります。もし、この設定をしないと、全てのエクセル ファイルの数式バーが非表示になってしまいます。作業中に、数式バーの表示、非表示の切り替えをしたいなら、ボタンを作って、マクロの登録をしましょう。必要に応じて表示、非表示にできます。数式バーの非表示は、「表示」タブ→「表示」グループからでもできますが、ファイルを開いた時に、自動的に非表示にするならエクセルVBAです。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルVBAでリボンを表示、非表示にする!