エクセルVBAでファイル名に特定の文字を含むファイルを開く!

エクセルVBAで、特定の文字を含むファイルを開く方法を紹介しています。例えば、毎月作業するファイルがあって、ファイル名の一部が毎月変わるとします。ファイルが存在しているフォルダは決まっています。そのような場合、フォルダを探してファイルを開くのは面倒です。フォルダの所在地がかなり奥深くある時は、尚更、大変です。そのような時、部分一致するファイルを開くVBAを作成すると、一発で目的のファイルが開けます。特定の文字を含むファイルを開くには、ワイルドカードを使います。ボタンを作っておくと、ボタンをクリックするだけで開けます。

 

 

特定の文字を含むファイルを開く

エクセルVBAで、特定の文字を含むファイルを開くコードです。

特定の文字を含むファイルを、1つ開きます。

Const で定数を宣言します。Workbooks.Open メソッドの引数にワイルドカードは、使用できないので、Dir 関数を使用してファイル名を取得します。

次のVBAでは、ファイル名「20180215一覧表」といった、「一覧表」で終わるファイル名を開きます。

Sub 特定の文字を含むファイルを開くA()
Const WF As String = “D:\業務用フォルダ\”
Dim WFna As String
WFna = Dir(WF & “*一覧表.xlsx”)
Workbooks.Open Filename:=WF & WFna
End Sub

 

 

次のVBAでは、例えば、ファイル名「20180215一覧表A」、といったファイル名を開きます。「?」は1文字を表します。

Sub 特定の文字を含むファイルを開くB()
Const WF As String = “D:\業務用フォルダ\”
Dim WFna As String
WFna = Dir(WF & “*一覧表?.xlsx”)
Workbooks.Open Filename:=WF & WFna
End Sub

特定の文字を含むファイルを開く(メッセージをを表示)

エクセルVBAで、特定の文字を含むファイルがなかったら、メッセージを表示するコードです。

特定の文字を含むファイルがあったら、ファイルが開きます。

Sub 特定の文字を含むファイルを開くC()
Const WF As String = “D:\業務用フォルダ\”
Dim WFna As String
WFna = Dir(WF & “*一覧表.xlsx”)
If WFna <> “” Then
Workbooks.Open Filename:=WF & WFna
Else
MsgBox “ファイルが存在しません。”
End If
End Sub

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルVBAが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

こちらの記事もご覧ください。⇒プログラミングスキルが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

部分一致のファイルを開く

エクセルで、よく開くファイルがあるとき、ファイル名が一部変更する場合は、特定の文字を含むファイルを開くVBAを作成すると、簡単に探しているファイルが開けます。ファイルを開くのは簡単ですが、ファイルの所在地が、分かりにくいところにある!ファイル名が一部変更になるので、ファイル名をよく忘れてします!というような場合は、エクセルVBAです。ここでは*(アスタリスク)で「一覧表」で終わるファイル名を開きましたが、「一覧表*.xlsx」といったように、「一覧表」で始まるファイルを開いたりと、ワイルドカードを使って、色々な特定の文字を含むファイルを開けます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルVBAで一度に特定の文字を含む複数のファイルを開く!

エクセル・ワード・パワーポイント・アクセス・マクロVBA・WEBプログラミングを入門から応用までらくらくマスターできる ➡ 動画パソコン教材

エクセルのマクロとVBAを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ワード・エクセルパワーポイント・アクセスとエクセルマクロVBA・WEBプログラミング・パソコンソフト作成を入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
VBA・Java・WEB・C#・HTML/CSSプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓