エクセルCOUNTIF関数で日付を指定してカウントする方法!

エクセルCOUNTIF関数の条件には、数値、文字列、セル参照などを指定できますが、日付を指定してセルをカウントすることもできます。日付には、以降、以前の期間や、A日~B日までの日付の範囲などがあります。となると、日付の以降、以前の期間はOR条件、範囲はAND条件の複数条件になります。ここでは、COUNTIF関数を使って、条件に日付を指定して、複数条件ANDとORで、セルをカウントする方法を紹介しています。COUNTIF関数に、日付を指定するとき、日付をセル参照で指定することもできます。セル参照の式も、説明しています。OUNTIF関数は、よく使われる関数です。日付を指定して、一致するセルをカウントする、テクニックをマスターしましょう。

 

 

日付を指定

COUNTIFS関数に日付を指定してセルをカウント

COUNTIFS関数に、同じ日付、~以前の日付、~以降の日付を指定して、セルをカウントしてみましょう。

同じ日付のセルをカウント

F2に、「2018/3/5」と同じセルがいくつあるか、カウントする式を入力します。

 

F2 =COUNTIF(C2:C10,”2018/3/5″)

「2」が返されます。

「2018/3/5」と同じセルは、「2」あります。

 

 

~以前の日付のセルをカウント

F2に、「2018/2/28」以前のセルがいくつあるか、カウントする式を入力しましょう。

 

F2 =COUNTIF(C2:C10,”<=2018/2/28″)

「4」が返されます。

次に、セル参照する式を、F3に入力してみましょう。

F3 =COUNTIF(C2:C10,”<=”&E3)

「4」が返されます。

「2018/2/28」以前のセルは、「4」あります。

セル参照で、比較演算子を使う場合は、「<=」を「”」ダブルクォーテーションで囲んで、「&」で、セル参照「E3」と結合します。

~以降の日付のセルをカウント

F2に、「2018/3/20」以降のセルがいくつあるか、カウントする式を入力しましょう。

 

F2 =COUNTIF(C2:C10,”>=2018/3/20″)

「2」が返されます。

次に、セル参照する式を、F3に入力してみましょう。

F3 =COUNTIF(C2:C10,”>=”&E3)

「2」が返されます。

「2018/3/20」以降のセルは、「2」あります。

 

 

以前、以降の日付の期間

A日以前、B日以降の日付の期間を指定

COUNTIF関数に、以前、または以降の日付の範囲を指定する場合は、複数条件OR(または)になります。

F2に、「2018/2/5」以前、「2018/3/25」以降のセルがいくつあるか、カウントする式を入力しましょう。

 

F2 =COUNTIF(C2:C10,”<=2018/2/5″)+COUNTIF(C2:C10,”>=2018/3/25″)

「3」が返されます。

「2018/2/5」以前、「2018/3/25」以降のセルは、「3」あります。

日付の範囲を指定

A日~B日の日付の範囲を指定

COUNTIF関数に、A日~B日の日付の範囲を指定する場合は、複数条件AND(かつ)になります。

F2に、「2018/2/5」~「2018/3/25」までのセルがいくつあるか、カウントする式を入力しましょう。

 

F2 =COUNTIF(C2:C10,”<=2018/3/25″)-COUNTIF(C2:C10,”<=2018/2/4″)

「7」が返されます。

「2018/2/5」~「2018/3/25」までのセルは、「7」あります。

次の式でもいいです。

F2 =COUNTIF(C2:C10,”<=2018/3/25″)-COUNTIF(C2:C10,”<2018/2/5″)

 

 

COUNTIF関数

検索条件に一致するセルの個数を返します。

COUNTIF関数の書式と引数

COUNTIF(範囲,検索条件)

範囲 検索条件に一致するセルの個数を求める範囲を指定します。
検索条件 条件を、数値、式、または文字列で指定します。式、文字列で指定する場合は「”」で囲みます。

 

COUNTIF関数で使える比較演算子

検索条件に使える比較演算子です。

演算子 説明
= 等しい
<> 等しくない
> より大きい
< より小さい
>= 以上
<= 以下

 

COUNTIF関数で複数条件

エクセルCOUNTIF関数は、1つの条件で、セルの個数をカウントする関数ですが、条件に日付を指定して、期間や範囲を指定することもできます。COUNTIF関数で、日付の期間や範囲を指定する場合は、複数条件、ANDとORになります。

条件に一致するセルの個数をカウントする関数は、他にもありますが、COUNTIF関数は使いやすい関数です。複数条件を指定することで、より複雑な条件に一致する、セルをカウントすることもできます。

こちらの記事もご覧ください。⇒複数条件で数値をカウント!エクセルDCOUNT関数