Excelで条件を満たす空白以外のセルの数を数える!dcounta関数の使い方

エクセルで、条件を満たす空白でない、セルの個数をカウントする関数に、DCOUNTA関数があります。DCOUNTA関数には、1つの条件式や、複数の条件式を指定することができます。完全一致やワイルドカードを使って、~を含むに一致するデータの数も数えます。エクセルDCOUNTA関数の使い方は、あらかじめ、検索条件を入力しておくことです。セルの個数をカウントする範囲は、列の見出しや、列の位置を示す番号で指定できます。セル参照でも、列の見出しを指定することができます。DCOUNTA関数の使い方は、難しそうに見えますが、使い慣れるとこんな便利な関数はありません。DCOUNTA関数を使うと、複雑な条件を満たす、セルの個数をカウントすることができます。DCOUNTA関数の使い方をマスターして、仕事アップしましょう。

 

 

DCOUNTA関数

エクセルDCOUNTA関数は、条件を満たすレコードの中の空白でないセルの個数をカウントする関数です。

DCOUNTA関数の書式と引数

DCOUNTA(データベース, フィールド, 検索条件)

データベース列の見出しを含む、リストまたはデータベースのセル範囲を指定します。
フィールドセルの個数を数える列の見出しを「”」で囲んで指定します。または列の位置を示す番号で指定します。省略すると、データベースから条件を満たすレコードを探します。
検索条件条件が入力されているセル範囲を指定します。

 

 

DCOUNTA関数の使い方

DCOUNTA関数の基本的な使い方

DCOUNTA関数のフィールドには、列の見出し、セル参照、列番号を指定できます。

エクセルDCOUNTA関数のフィールドを変えて、条件を満たすセルをカウントしてみましょう。

B列の「特約」が「A」で、C列の「種類」が空白でない、完全一致のセルの個数をカウントします。

検索条件は、「F1:F2」に入力されています。列の見出し、セル参照、列番号を指定してセルをカウントしてみましょう。

 

列の見出しを指定してセルをカウント

B列の「特約」が「A」で、C列「種類」が空白でないセルの個数を数えます。

G2に式を入力しましょう。

G2 =DCOUNTA(A1:D9,”種類”,F1:F2)

G2には、「3」が返されます。

C3を見てみましょう。

B3は「A」ですが、「種類」は「空白」になっています。このセルはカウントされません。

「特約」が「A」で、C列「種類」が空白でないセルの数は、「3」です。

列の見出しをセル参照で指定してセルをカウント

DCOUNTA関数のフィールドに、セル参照を指定して、セルをカウントする式です。

G2 =DCOUNTA(A1:D9,C1,F1:F2)

G2には、「3」が返されます。

列の番号を指定してセルをカウント

DCOUNTA関数のフィールドに、列番号を指定して、セルをカウントする式です。

G2 =DCOUNTA(A1:D9,3,F1:F2)

G2には、「3」が返されます。

 

 

複数条件ANDでセルをカウント

D列「金額」が、「3,000より大きく6,000未満」である、D列のセルの数を、カウントしてみましょう。

「3,000より大きく6,000未満」は、複数条件ANDになります。

H2に、式を入力しましょう。

 

H2 =DCOUNTA(A1:D9,D1,F1:G2)

H2には、「4」が返されます。

「金額」が、「3,000より大きく6,000未満」のセルは「4」つあります。

 

 

複数条件ORでセルをカウント

B列「特約」が、「B」または「C」である、C列のセルの数を、カウントしてみましょう。

G2に、式を入力しましょう。

 

G2 =DCOUNTA(A1:D9,C1,F1:F3)

G2には、「3」が返されます。

「特約」が、「B」または「C」である、C列のセルは「3」つあります。

ワイルドカードを指定してセルをカウント

A列「保証番号」が、「Mで始まる」文字列で、空白でないセルの個数を数えてみましょう。

G2に、式を入力します。

 

G2 =DCOUNTA(A1:D9,B1,F1:F2)

G2には、「3」が返されます。

「保証番号」が、「Mで始まる」文字列は3つあります。

 

検索条件に使えるワイルドカード
ワイルドカード説明
任意の文字列を検索
?任意の 1 文字を検索
~? や * の前につけて、ワイルドカード「*」「?」を検索

こちらの記事もご覧ください。⇒ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

こちらの記事もご覧ください。⇒マイクロソフトオフィスソフトとプログラミングスキルが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

DCOUNTA関数で複数条件を指定

エクセルDCOUNTA関数の使い方は、1つの条件でも、複数の条件でも、完全一致のセルの個数をカウントします。DCOUNTA関数が、最も活躍するのが、複数条件を指定する時です。

DCOUNTA関数には、AND条件、OR条件が指定できます。AND条件とOR条件をセットした、複雑な条件でも、空白でないセルの個数をカウントします。

条件を満たす、セルをカウントする関数は他にもありますが、複雑な条件でセルをカウントするときは、DCOUNTA関数を使いましょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで条件に一致するセルをカウント!COUNTIF/COUNTIFS関数

WEBプログラミングを入門から応用までらくらくマスターできる ➡ 動画パソコン教材

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセルパワーポイント・アクセスとエクセルマクロVBA・WEBプログラミング・パソコンソフト作成を入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エクセルのマクロとVBAを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

VBA・Java・WEB・C#・HTML/CSSプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓