エクセル セル内の文字列を指定したセルに分割して抽出する方法!

エクセルで、セルの文字を指定したセルに、簡単に一括で、分割して抽出する方法を紹介しています。 それには、エクセル「区切り位置」を使います。セルの文字を「区切り位置」で抽出する場合、選択されている位置を含めて、自動で、横方向にセルの文字が分割されて表示されます。分割した文字が抽出されるセルは決まっています。その分割した文字を表示させるセルを、自動ではなく、指定したセルに抽出させることができます。自由自在に、抽出したいセルに文字を表示できる、便利な方法です。

 

 

文字を指定したセルに分轄

エクセル「区切り位置」でセルの文字を、指定したセルに分割して表示してみましょう。

エクセルの区切り位置

エクセルの「区切り位置」機能は、セル内の文字列を、記号やある文字、空白で区切って、複数のセルに振り分けて文字を抽出できます。

「データ」タブ→「データーツール」→「区切り位置」をクリックします。

 

 

区切った文字を指定のセルに表示させる方法

セルの文字を、指定したセルに分割して表示させます。セル範囲「A2:A6」に入力されている文字を、「B2:D6」に分割しましょう。

下の表の、商品コードの中に、複数の情報が混在している文字列があります。

「商品コード」を、「商品№」「エリアコード」「担当者コード」に分割して、列B、C、Dに抽出してみましょう。

 

1.セル範囲「A2:A6」を選択して、「区切り位置」をクリックします。

 

2.「区切り位置指定ウィザード-1/3」ダイアログボックスが開きます。「データのファイル形式を選択してください」で、次のように選択しましょう。

「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ(D)」を選択。

3.「次へ(N)>」をクリックしましょう。

 

4.「区切り位置指定ウィザード-2/3」ダイアログボックスで、設定していきます。入力が終わったら「次へ(N)>」をクリックしましょう。

 

「区切り位置指定ウィザード-2/3」ダイアログボックスに、次のように入力しましょう。

区切り文字  : スペース(S)

「データのプレビュー(P)」を見ましょう。「スペース」の位置で縦に文字が区切られています。

 

 

5.「区切り位置指定ウィザード-3/3」ダイアログボックスが開きます。ここで「表示先」を変更します。

 

次の様に「表示先」を変更しましょう。

表示先(E)  :   =$B$2:$D$2

「表示先(E)」の欄で「B2:D2」セル範囲を選択すると、自動で「=$B$2:$D$2」が入り、ダイアログボックスが「区切り位置指定ウィザード-3/1」に変わります。

6.「完了(E)」をクリックしましょう。

7.セル範囲「A2:A6」の文字列が、「商品№」「エリアコード」「担当者コード」に分割されて、列B、C、Dに抽出されました!

 

 

指定した位置で縦に分割する方法(1つのセルに改行がない場合)

1つのセルに入力されている文字が、「区切り文字」で区切られていない、改行されていない場合、文字を指定した位置で分割します。

分割する位置は自由に設定できますが、セル範囲を一括で分割する場合、分割する位置が全て同じでなくてはいけません。

 

住所の中に、市町村区がある文字列があります。列B、C、Dに「県」「市区」「町村」を抽出させてみましょう。

 

 

1.セル範囲「A2:A6」を選択して、「区切り位置」をクリックします。

 

2.「区切り位置指定ウィザード-1/3」ダイアログボックスが開きます。「データのファイル形式を選択してください」で、次のように選択しましょう。

「データのファイル形式を選択してください」→「スペースによって右または左に揃えられた固定長フィールドのデータ(w)」を選択。

3.「次へ(N)>」をクリックしましょう。

 

4.「区切り位置指定ウィザード-2/3」ダイアログボックスで、設定していきます。入力が終わったら「次へ(N)>」をクリックしましょう。

 

区切り位置を作成しましょう。

①区切りたい位置でマウスのボタンをクリックします。「都」の右でクリックしましょう。

②次に「区」の右でクリックしましょう。

③区切り位置には「↑」が作成されます。

区切り位置を削除したい場合は、「↑」をダブルクリックします。

区切り位置を移動する場合は、「↑」を区切りたい位置までドラッグします。

 

 

5.「区切り位置指定ウィザード-3/3」ダイアログボックスが開きます。ここで「表示先」を変更します。

「表示先」を変更しましょう。

表示先(E)  :   =$B$2:$D$2

「表示先(E)」の欄で「B2:D2」セル範囲を選択すると、自動で「=$B$2:$D$2」が入り、ダイアログボックスが「区切り位置指定ウィザード-3/1」に変わります。

6.「完了(E)」をクリックします。

7.セル範囲「A2:A6」の文字列が、「県」「市区」「町村」に分轄されて、列B、C、Dに抽出されました!

こちらの記事もご覧ください。⇒ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

こちらの記事もご覧ください。⇒マイクロソフトオフィスソフトとプログラミングスキルが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

分割した文字の表示形式を変換して抽出

エクセル「区切り位置」で、セルの文字を指定したセルに分割して抽出することができますが、抽出した文字の表示形式を、変換して表示することもできます。文字が日付データだった場合は、日付に変換して抽出できます。文字列を数値に変換することもできます。このように、区切り位置には、色々な機能を持っています。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルでセル内で改行された文字列を分割する方法

WEBプログラミングを入門から応用までらくらくマスターできる ➡ 動画パソコン教材

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセルパワーポイント・アクセスとエクセルマクロVBA・WEBプログラミング・パソコンソフト作成を入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エクセルのマクロとVBAを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

VBA・Java・WEB・C#・HTML/CSSプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓