エクセル セル内で改行された文字列を別のセルに分割して抽出する!

エクセル、セル内で改行された文字列を。別のセルに分割して抽出することができます。セル内に文字が複数、改行されて入力されています。改行された文字を別のセルに、振り分けて表示したい!そのような時に、エクセル「区切り位置」を使います。「区切り位置」で簡単に、改行された文字を、複数のセルに分割して抽出させることができます。セル内の、改行された文字に困っているときは、エクセル「区切り位置」です。一発で、改行された文字列を、分割して別セルに抽出できます。

 

 

エクセルの区切り位置

エクセル「区切り位置」機能は、セル内の文字列を、記号やある文字、空白で区切って、複数のセルに分割して抽出することができます。

「データ」タブ→「データーツール」→「区切り位置」

 

セル内の改行された文字を別セルに表示

セル内に、文字が改行されて入力されています。改行されているセルの文字を分割して、複数の列に表示させてみましょう。

下の表で説明していきます。

セル内の文字を、改行されている文字、「社員名」「部署」「課」で分割し手抽出します。

セル内で、改行されている社員名簿があります。列A、B、Cに、「社員名」「部署」「課」で分割して、抽出させてみましょう。

 

 

 

1.セル範囲「A2:A5」を選択して、「区切り位置」をクリックします。

 

2.「区切り位置指定ウィザード-1/3」ダイアログボックスが開きます。「データのファイル形式を選択してください」で、次のように選択しましょう。

「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ(D)」を選択。

3.「次へ(N)>」をクリックしましょう。

 

4.「区切り位置指定ウィザード-2/3」ダイアログボックスが開きます。データのプレビューを見てみましょう。「社員名」の文字しか表示されていません。

 

 

5.「区切り位置指定ウィザード-2/3」ダイアログボックスで、設定していきます。入力が終わったら「次へ(N)>」をクリックしましょう。

「区切り位置指定ウィザード-2/3」ダイアログボックスに、次のように入力します。

   ① 区切り文字        : その他(O)

   ②「その他(O)」のボックス      : 「Ctrl」キー+「J」

「Ctrl」+「J」を入力すると、「その他(O)」のボックスは、見た目は空白になります。「データのプレビュー(P)」を見てみましょう。

セルの文字列が「改行」の位置で縦に区切られています。

 

 

6.「G/標準(G)」にチェックを入れて、「完了(E)」をクリックしましょう。

 

7.セル内の文字列が改行位置で、列A、B、Cに、「社員名」「部署」「課」で分轄されて、抽出されました!

 

エクセルの区切り位置でセルの数字を日付に変換

エクセルのセル内で改行された文字列は、このように簡単に分割して抽出できますエクセル「区切り位置」を使うと、他にもできることがあります。8桁で入力されている日付があります。この日付データを普通の日付にしたいとき、区切り位置で日付に変換することもできます。yyyymmdd形式の8桁の数字を、日付に変換する方法は他にもありますが、区切り位置を使うと、こんなにも簡単に変換できます。その方法も紹介しているので、ぜひご覧下さい

こちらの記事もご覧ください。⇒yyyymmddの文字列や数値を日付に変換!エクセル機能