エクセル 8桁のyyyymmdd文字列や数値を日付に変換する!区切り位置

エクセルで、yyyymmddの8桁の文字列や数値を、関数を使わずに日付に変換する方法を紹介しています。エクセル「区切り位置」を使うと、yyyymmddの8桁、6桁の文字列を、簡単に日付に変換して、別セルに抽出することができます。8桁、6桁の文字列を見ると、数字にみえますが、よく見ると日付データという事があります。エクセル関数を使って、yyyymmdd形式の文字列を日付に変換する方法は、色々ありますが、「区切り位置」を使うと、簡単に、一括で日付に変換できます。一度は使ってみたい方法です。日付データの文字列や数値があったら「区切り位置」で、一括で変換させてみましょう。変換した日付は、指定したセルに抽出できます。

 

 

yyyymmddを区切り位置で日付に変換

yyyymmdd形式になっている8桁の文字列や数字を、エクセル「区切り位置」で日付に変換しましょう。

エクセルの区切り位置

エクセルの「区切り位置」機能は、セル内の文字列を、記号やある文字、空白で区切って、複数のセルに分割して抽出することができます。

「データ」タブ→「データーツール」→「区切り位置」をクリックします。

 

 

文字列を日付に変換する

エクセル「区切り位置」で、yyyymmdd形式の文字列を日付に変換しましょう。A2は文字が左側にあって、文字列になっています。

 

1.セルA2を選択して「区切り位置」をクリックします。

2.「区切り位置指定ウィザード-1/3」ダイアログボックスが開きます。「データのファイル形式を選択してください」で、次のように選択しましょう。

「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ(D)」を選択。

3.「次へ(N)>」をクリックしましょう。

 

4.「区切り位置指定ウィザード-2/3」ダイアログボックスが開きます。そのまま「次へ(N)>」をクリックしましょう。

 

 

5.「区切り位置指定ウィザード-3/3」ダイアログボックスで、設定していきます。入力が終わったら「完了(E)」をクリックしましょう。

 

 「区切り位置指定ウィザード-3/3」ダイアログボックスに、次のように設定します。

     ①列のデータ形式  :  日付(D)

     ②日付(D):▼    :  YMD

     ③表示先      :  $B$2

 

6.文字列が日付に変換されました!

 

 

色々な文字列を日付に変換

文字列になっている日付には、色々な表示があります。次のような文字列も、日付けに変換できます。

 

1.「A2:A3」を選択して「区切り位置」をクリックします。「次へ(N)>」をクリックしていき、「区切り位置指定ウィザード-3/3」ダイアログボックスまで進みます。

2.「区切り位置指定ウィザード-3/3」ダイアログボックスに、「列のデータ形式」を「日付(D)」にして、「日付(D):▼」に「YMD」、「表示先」に「$B$2」と設定します。

3.「完了(E)」をクリックしましょう。

4.文字列が、日付に変換されました!

 

数値を日付に変換する

エクセル「区切り位置」で、yyyymmdd形式の数値を、日付に変換します。A2は文字が右側にあって、数値になっています。

 

1.セルA2を選択して「区切り位置」をクリックします。

2.「区切り位置指定ウィザード-1/3」ダイアログボックスが開きます。「データのファイル形式を選択してください」で、次のように選択しましょう。

「データのファイル形式を選択してください」→「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ(D)」を選択。

3.「次へ(N)>」をクリックしましょう。

 

 

4.「区切り位置指定ウィザード-2/3」ダイアログボックスが開きます。そのまま「次へ(N)>」をクリックしましょう。

 

5.「区切り位置指定ウィザード-3/3」ダイアログボックスで、設定していきます。入力が終わったら「完了(E)」をクリックしましょう。

 

 「区切り位置指定ウィザード-3/3」ダイアログボックスに、次のように設定します。

     ①列のデータ形式  :  日付(D)

     ②日付(D):▼    :  YMD

     ③表示先      :  $B$2

 

6.数値が日付に変換されました!

 

色々な数値を日付に変換

数値になっている日付には、色々な表示があります。次のような数値も、日付けに変換できます。

 

1.A2を選択して「区切り位置」をクリックします。「次へ(N)>」をクリックしていき、「区切り位置指定ウィザード-3/3」ダイアログボックスまで進みます。

2.「区切り位置指定ウィザード-3/3」ダイアログボックスに、「列のデータ形式」を「日付(D)」にして、「日付(D):▼」に「YMD」、「表示先」に「$B$2」と設定します。

3.「完了(E)」をクリックしましょう。

4.文字列が、日付に変換されました!

 

文字列や数値を日付に変換する色々な方法

エクセル「区切り位置」を使うと、yyyymmdd形式の文字列や数値を、簡単に日付に変換できます。日付データを日付に変換する方法は、他にも色々あります。よく使われるのは、エクセル関数を使った方法です。エクセル関数で、表示形式コードを使用してyyyymmdd形式の文字列や数値を、日付に変換します。

エクセル「区切り位置」を使うと、指定したセルに変換した日付を表示させたりできます。関数を使うと別の関数と組み合わせて、色々な日付を含んだ文字列を表示させることができます。目的によって選んで使いましょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル関数でyyyymmdd形式の文字列を日付に変換する方法