エクセルでセルの範囲を選択するショートカットキー!時間短縮

エクセルの、セルの範囲を選択するショートカットキーを使うと、こんなにも楽!と、データ加工が楽しくなります。なによりスピードアップします。データ量が多く細かい作業の場合は、効率よく仕事ができます。エクセルで使われるショートカットキーは数多くありますが、入力、範囲選択、編集など、データ加工の時によく使用するものをここでは紹介しています。お役に立ちますよ!

セルを目的の位置に移動(ジャンプ)させる

ショートカットキーを押すとセルがジャンプします。目的の場所まで瞬時に移動させたい時に便利です。

ショートカットキー 説明
Home 選択範囲の一番上の行と同じ行の一番左に移動
Ctrl + Home  ワークシートの先頭に移動
方向 キー 方向 キーと同じ方向に上下左に移動
Ctrl + 方向 キー Ctrl」キーを押しながら方向 キーを押すと、方向 キーと同じ方向にデータが含まれいる最初の行または列にセルが移動する。同じ方向にデータが含まれていない場合は、最後の行または列、先頭の行または列にセルが移動する
Ctrl + End データが入っている、一番右下のセルに移動する。シートにデータが含まれていない場合はシートの先頭に移動する
Ctrl + End セルが編集状態の場合、カーソルがテキストの末尾に移動
PageDown 現在表示されている1画面下に移動
PageUp  現在表示されている1画面上に移動 
Alt + PageDown  現在表示されている1画面右に移動 
Alt + PageUp 現在表示されている1画面左に移動
Ctrl + PageDown 次のワークシートに移動
Ctrl + PageUp 前のワークシートに移動
Tab  右のセルに移動。保護されているワークシートの場合、ロックされていないセル間を移動 
Shift + Tab 左のセルに移動。またはダイアログ ボックスで、前のオプションに移動

 

 

セルの範囲を選択する

特に、範囲を選択してコピー&ペーストしたい時、役に立つショートカットキーです。

ショートカットキー 説明
Ctrl+A シート全体が選択される 
Ctrl+Shift+Home  A1のセルまで選択範囲が拡張される 
Ctrl+Shift+End  データが入力されているセルまで選択範囲が拡張される 
Shift+方向キー  Shift」キーを押しながら矢印キーを押すと、選択範囲が矢印キーと同じ方向に1つずつ上下左右拡張される 
Ctrl+Shift+方向キー  Ctrl+Shift」キーを押しながら矢印キーを押すと、矢印キーと同じ方向にデータが含まれている一番最後の行または列まで選択範囲が拡張される 
Ctrl+Space 選択範囲が列全体に拡張される 
Shift+Space  選択範囲が行全体に拡張される 
Shift+Home  選択範囲が行の先頭まで拡張される 
Shift+PageDown 現在表示されている1画面下に選択範囲を拡張します 
Shift+PageUp 現在表示されている1画面上に選択範囲を拡張します

Ctrl + A または   Ctrl + Shift + Space

シートにデータが含まれているときに、文字が入力されているセルまたはセル範囲を選択して「Ctrl + A 」を押すと、データが含まれているアクティブなセル領域を選択します。2回押すと、アクティブなセル領域とサマリー行が選択されます。3回押すと、シート全体が選択されます
F8 「F8」キーを押した後にセルまたはセル範囲を選択すると、選択したセルまで選択範囲が拡張します。「F8」キーまたは「Esc」キーで解除されます
Shift+F8 Shift+F8」キーを押した後に選択したセルまたはセル範囲が、選択範囲に追加されます

 

 

よく使われるショートカットキー

エクセルで、セルの入力、編集の時などによく使われるショートカットキーです。このショートカットキーはぜひ覚えておきたいです。

ショートカットキー 説明
Ctrl+C 選択したセルまたはセル範囲をコピーします
Ctrl+X 選択したセルまたはセル範囲を切り取ります
Ctrl+V コピーまたは切り取った、セルやセル範囲を貼付けます
Ctrl + S ブックを保存します
Ctrl + O ブックを開きます
Ctrl + W ブックを閉じます
Enter セルに入力した値を確定し、下のセルに移動します
BackSpace セルの文字を削除します。カーソルを当てた位置から「BackSpace」を押すと、セル内の文字を1文字ずつ、前の文字を削除することができます
Delete 選択したセルまたはセル範囲の文字を削除できます
Esc 入力中に確定していないセルの値を削除します。実行している操作をキャンセルします

 

 

ファンクションキーの使い方

ファンクションキーの使い方も覚えておくと、意外とよく使うことになるかもしれません。文字の変換は、押すごとに変換していくので便利です。

ファンクションキー 説明
F1 ヘルプやサポートが開きます
F2 ファイルやフォルダを選択して「F2」を押すとファイルやフォルダの名前を変更できます
F3 デスクトップで押すと検索画面が表示されます
F4 マイ コンピュータまたはエクスプローラでアドレスバーの一覧が表示されます
F5 ブラウザで表示されているページを更新します
F6 カタカナ入力時に文字を「ひらがな」に変換
F7 文字を「全角カタカナ」に変換
F8 文字を「半角カタカナ」に変換
F9 文字を「全角アルファベット」に変換
F10 文字を「半角アルファベット」に変換
F11 ブラウザなどを全画面表示にします。もう一度「F11」を押すと全画面表示が解除されます
F12 「名前をつけて保存」画面が表示されます

 

ctrlshift、十字キーを使いこなせると効率が格段上がります。

エクセルのショートカットキーの中でも「ctrl」「shift」「矢印キー」はよく使います。「ctrl」「shift」の位置を覚えて、キーボードを見ずに操作できるようになると一段と効率よく仕事ができます。覚えておくと便利なキーです。何度も使っているうちに自然と覚えられます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルでセルの文字入力、文字選択に関するショートカットキー