エクセル ワイルドカードでの検索と置換

エクセル、ワイルドカードを使った検索と置換を紹介しています。検索、置換をしたい時、ある文字を含む文字を置換えたい場合があります。そのような場合に、ワイルドカードを使います。検索、置換で使うワイルドカードは3つあります。アスタリスク(*)、疑問符(?)、チルダ(~)です。ここでは、ワイルドカードの使い方を分かりやすく説明しています。

 

 

検索と置換のワイルドカード

検索と置換で使うワイルドカードに、アスタリスク(*)、疑問符(?)、チルダ(~)があります。このワイルドカードを使うと、複雑な検索と置換ができます。

アスタリスク(*)

アスタリスク(*)の使い方

ある文字の前または後ろに「*」を入れて、ある文字を含む文字列を検索、置換えできます。「*」は任意の文字列です。

使い方 意味検索結果
*フジフジで終わる文字列㈱フジ、株式会社フジ、(株)フジ
フジ*フジで始まる文字列フジ株式会社、フジ(株)、フジ㈱
*フジ*フジを含む文字列です。株式会社フジ中野店、(株)フジ渋谷店

アスタリスク(*)で置き換え

「発注会社」「サンテック」の「株式会社」の表示が混在しています。統一してみましょう。

1.置換するセルの範囲を選択します。「B2:B8」を選択しましょう。

2.「検索と置換」ダイアログボックスを開きます。「検索する文字列(N)」に「*サンテック」と入力しましょう。「置換後の文字列(E)」には「(株)サンテック」と入力します。

 

3.「全て置換(A)」をクリックしましょう。

4.「サンテック」終わる文字列が、「(株)サンテック」に置き換えられました!

 

 

疑問符(?)

疑問符(?)の使い方

疑問符(?)は、任意の1文字を表します。アスタリスク(*)との違いは、「?」は1つが1文字、「*」は1つで複数の文字列です。

使い方 意味検索結果
*M035M035の前に1文字入る文字列AM035、PM035、HM035
M035*M035の後ろに1文字入る文字列M0351、M0359、M0356
*M035*M035の前後に1文字入る文字列QM0358、WM0352、KM0353、

疑問符(?)で置き換え

「ファイル名」の「2017」を「2018」に置き換えてみましょう。

1.置換するセルの範囲を選択します。「B2:B8」を選択しましょう。

2.「検索と置換」ダイアログボックスを開きます。「検索する文字列(N)」に「201?」と入力します。「置換後の文字列(E)」には「2018」と入力します。

 

3.「全て置換(A)」をクリックします。

4.「2017」が「2018」に置き換えられました!

 

 

チルダ(~)

チルダ(~)の使い方

チルダ(~)はあまり使われていないワイルドカードですが。ある場合の検索、置換の時に使います。

「*」や「?」を検索したい時、エクセルはそれをワイルドカードと認識してしまいます。その時に、ワイルドカードとしてではなく、記号として認識させるために「*」や「?」の前に「~」を入力します。

「*」や「?」の前に「~」を入力することによって記号として検索、置換ができるようになります。

使い方 意味
~*記号「*」を検索
~?記号「?」を検索

 

チルダ(~)で置き換え

「コード」に数字と数字の間に「-」が入力されています。「-」ではなく「*」が入力されているコードがあります。「-」を「*」に置き換えてみましょう。

1.置換するセルの範囲を選択します。「B2:B8」を選択しましょう。

2.「検索と置換」ダイアログボックスを開きます。「検索する文字列(N)」に「~*」と入力します。「置換後の文字列(E)」には「-」と入力します。

 

3.「全て置換(A)」をクリックします。

4.「-」が「*」に置き換えられました!

 

 

エクセル置換機能

エクセルの置換機能では、文字の検索と置換ができます。

「ホーム」タブ→「編集」グループ→「検索と選択」▲→「置換(R)」→「検索と置換」ダイアログボックス

「Ctrl」キー+「H」でも「検索と置換」ダイアログボックスが開きます。

こちらの記事もご覧ください。⇒ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

こちらの記事もご覧ください。⇒マイクロソフトオフィスソフトとプログラミングスキルが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

フィルター機能でもワイルドカードが使えます

フィルター機能はエクセルでよく使う機能です。「オートフィルターオプション」を使うと抽出条件を指定して検索できますが、複雑な検索はできません。ある文字を含むセルを抽出する場合「指定の値を含む」で抽出できますが、この方法だと、ある文字を含む全てのセルが抽出されてしまします。このような時、ワイルドカードを使うと、絞込みのできる検索ができます。ワイルドカードはWordやAccessでも検索でよく使います。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル 置き換えで文字やスペースを削除

WEBプログラミングを入門から応用までらくらくマスターできる ➡ 動画パソコン教材

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセルパワーポイント・アクセスとエクセルマクロVBA・WEBプログラミング・パソコンソフト作成を入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エクセルのマクロとVBAを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

VBA・Java・WEB・C#・HTML/CSSプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓