エクセルで全角を半角に変換する!

エクセルで、全角を半角に変換する方法を紹介します。エクセル関数ASCを使うと、全角文字を全て半角に変換してくれます。変換できる全角は、英数字、カタカナ 記号、スペースと、全て半角に変換できます。名簿や住所などに半角と全角が混在しているとき、ASC関数を使うと全て半角に変換できます。全角を半角に変換する方法は他にもありますが、全ての全角文字を半角に変換したい場合は、ASC関数です。

 

 

ASC関数

全角文字を半角文字に変換します

書式

ASC(文字列)

文字列 文字列、またはセルの参照を指定します。文字列に全角が含まれない場合は、文字列は変換されません

 

 

ASC関数で全角を半角に変換

住所に含まれている、全ての全角文字を半角に変換しましょう。住所には次の全角文字が入っています。

①英数字

②カタカナ

③記号

 

B2に、全角を半角に変換する式を入力します。

B2 =ASC(A2)

B2の式を下のドラッグして「B3:B10」までコピーします。

全ての全角文字が半角に変換されました!

 

 

ASC関数で全角スペースを半角スペースに変換

姓と名前の間にある全角スペースを、半角スペースに変換しましょう。

 

B2に、全角をスペースを半角スペースに変換する式を入力します。

B2 =ASC(A2)

B2の式を下のドラッグして「B3:B10」までコピーします。

全ての全角スペースが、半角スペースに変換されました!

全角を半角に変換する他の方法

エクセルASC関数で、全角を半角に変換する方法を紹介しましたが、エクセル関数を使わずに、全角を半角に変換する方法もあります。エクセルだけではできませんが、ワードを使用した方法があります。手順は、エクセルのデータをコピーしてワードに貼り付けます。ワードの文字種の変換「Aa▼」で全角を半角に変換します。変換したデータをエクセルに貼り付けましょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで半角を全角に変換する方法!