エクセルで印刷するときファイル名を表示させる!

エクセルで、各ページにファイル名を表示して、印刷する方法を紹介しています。各ページにファイル名を表示させると、印刷物がどのファイルから印刷されたのかすぐ分かります。複数のファイルに分割して、同じような内容を保存した場合、どのファイルから印刷されたものか分からなくなってしまった、ということはないでしょうか。そのようなことにならないように、ファイル名を表示させる方法を分かりやすく説明しています。

 

 

印刷にファイル名を表示

ページ設定

ページ設定から、ファイル名を印刷に設定できます。

「ページレイアウト」タブ→「ページ設定」→「ダイアログ ボックス起動ツール」

 

 

ファイル名を挿入

ここでは、ヘッダーの中央にファイル名を挿入しましょう。ファイル名は「ファイル名の挿入」です。

1.「ページ設定」→「ダイアログ ボックス起動ツール」をクリックすると、「ページ設定」ダイアログ ボックスが開きます。

2.「ヘッダー/フッター」タブ→「ヘッダーの編集」をクリックしましょう。フッターにファイル名を挿入したい場合は、「フッターの編集」をクリックします。

 

 

3.中央部のボックスをクリックして、「ファイル名の挿入」をクリックしましょう。

 

4.中央部のボックスに「&[ファイル名]」が入力されます。

 

5.「OK」ボタンをクリック→「ページ設定」ダイアログ ボックスで「OK」ボタンをクリックしましょう。

6.印刷プレビューでみてみましょう。ヘッダーの中央部にファイル名が挿入されました!

 

ページ番号を挿入する

エクセルで印刷するときに、ファイル名を表示させることができますが、ページ番号や総ページ数も挿入することもできます。ページ番号を各ページに表示させると、枚数が多いときに印刷物の順番がすぐ分かります。印刷物にファイル名、ページ番号を表示させると、何を印刷したものか、何ページの印刷物なのか、後でみても分かりやすいです。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで総ページ数とページ番号を表示して印刷する方法