エクセルで印刷日付や時刻を入れて印刷する!

エクセルで印刷するときに、印刷した日時や時刻を表示する方法を紹介しています。印刷した日時が分かると、何度も更新したデータだと、最新の印刷物がどれなのか、いつ作成したデータなのかすぐ分かります。一度設定すると、印刷した日付が自動で表示されるので、印刷するときに修正する必要はありません。設定した印刷日時や時刻は、削除することもできるので、何度も更新する必要のあるデータには、印刷日時や時刻の設定をした方がよいでしょう。

 

 

印刷に印刷日付や時刻を設定

ページ設定

ページ設定から、印刷の日時や時刻を設定できます。

「ページレイアウト」タブ→「ページ設定」→「ダイアログ ボックス起動ツール」

 

 

印刷日時と時刻を挿入

ここでは、フッターの右側に日時と時刻を挿入しましょう。

1.「ページ設定」→「ダイアログ ボックス起動ツール」をクリックすると、「ページ設定」ダイアログ ボックスが開きます。

2.「ヘッダー/フッター」タブ→「フッターの編集」をクリックします。ヘッダーに日時と時刻を挿入したい場合は、「ヘッダーの編集」をクリックしましょう。

 

 

3.右側のボックスをクリックして、「印刷日:」と入力し、「日時の挿入」をクリックしましょう。右側のボックスに「印刷日:&[日付]」が入力されます。

 

4.次に、改行して「時刻の挿入」をクリックしましょう。改行した行には「&[時刻]」が入力されます。

 

5.「OK」ボタンをクリック→「ページ設定」ダイアログ ボックスで「OK」ボタンをクリックしましょう。

6.印刷プレビューでみてみましょう。フッターの右側に印刷日時と時刻が挿入されました!

こちらの記事もご覧ください。⇒ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

こちらの記事もご覧ください。⇒マイクロソフトオフィスソフトとプログラミングスキルが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

ヘッダーに印刷日時と時刻を表示

エクセルではこのように、印刷するとき、印刷日時と時刻を表示させることができます。ここでは、フッターに印刷日時と時刻を挿入しましたが、ヘッダーに表示させるように設定もできます。位置は、左側、中央部、右側と、3か所を選べます。独自の文字も挿入できるので、自由に設定しましょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで総ページ数とページ番号を表示して印刷する方法

エクセル・ワード・パワーポイント・アクセス・マクロVBA・WEBプログラミングを入門から応用までらくらくマスターできる ➡ 動画パソコン教材

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセルパワーポイント・アクセスとエクセルマクロVBA・WEBプログラミング・パソコンソフト作成を入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エクセルのマクロとVBAを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

VBA・Java・WEB・C#・HTML/CSSプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓