エクセルで複数の範囲を設定して印刷する方法

エクセルで、印刷範囲を複数設定して固定印刷する方法を紹介しています。シートに入力されている不連続した、復数の範囲を固定して印刷できます。1シートにある複数の範囲を1つ1つ選択して印刷するのは大変な作業です。複数の範囲が離れた位置にあっても、簡単に印刷したい範囲だけを固定できます。印刷したい範囲が多いほど効率よく印刷できます。

 

 

複数の印刷範囲を固定して印刷

エクセルで、複数の印刷範囲を固定して印刷する方法を、下表で説明していきます。表を「商品コード一覧表」とします。

下表で、複数の範囲を設定して印刷していきましょう。

 

 

「印刷範囲」から固定印刷

セル範囲「A1:B5」と「G1:H5」の2つの範囲を固定して印刷してみましょう。

「ページレイアウト」タブ→「ページ設定」グループ→「印刷範囲」→「印刷範囲の設定(S)」

1.範囲「A1:B5」を選択します。次に「Ctrl」キーを押しながら、「G1:H5」を選択します。

 

2.「印刷範囲の設定(S)」をクリックします。

3.範囲「A1:B5」と「G1:H5」の2つの印刷範囲が固定されました!印刷プレビューをみてみましょう。

 

 

 

「ページ設定」から固定印刷

セル範囲「A1:B5」と「D1:E5」の2つの範囲を固定して印刷してみましょう

「ページレイアウト」タブ→「ページ設定」ダイアログ ボックス起動ツール

1.「ページ設定」ダイアログ ボックス起動ツールをクリッして、「シート」タブを選択します。

「ページ設定」ダイアログ ボックスに次のように入力しましょう。

印刷範囲(A)に「印刷範囲」を入力します。

印刷範囲(A)  : $A$1:$B$5,$D$1:$E$5

印刷範囲(A)のボックスで、「A1:B5」の範囲を選択し、次に「Ctrl」キーを押しながら、「D1:E5」を選択すると式が自動で入力されます。

2.「OK」ボタンをクリックしましょう。セル範囲「A1:B5」と「D1:E5」の2つの範囲だけが印刷範囲に設定されました!

 

  

 

 

「選択した部分を印刷」から印刷

セル範囲「D1:E5」と「G1:H5」の2つの範囲を固定して印刷してみましょう。

1.印刷範囲「D1:E5」と「G1:H5」を選択します。

2.「ファイル」タブ→「印刷」→「選択した部分を印刷」を選択します。

 

3.印刷プレビューをみてみましょう。セル範囲「D1:E5」と「G1:H5」の2つの印刷範囲が固定されて設定されてます。

 

 

 

 

印刷範囲の固定を解除する方法

「ページレイアウト」タブ→「ページ設定」グループ→「印刷範囲」→「印刷範囲クリア(C)」

印刷範囲、複数シートの印刷

エクセルでは、印刷範囲を複数設定して印刷することができますが、複数のシートにある、不連続した範囲を印刷設定して、一度に印刷することができます。1つ目のシートのある範囲、2つ目のシートのある範囲を印刷固定して、一括で印刷することです。難しいように思えますが、意外と簡単にできます。複数シートのデータを全て一度に印刷することもできます。この場合は、印刷範囲を設定する必要はありません。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで改ページを設定して印刷する方法!