エクセルで図形のデフォルト(色や線)を変更する!

エクセルで、図形の塗りつぶしの色や枠線の色、太さ、種類を変更する方法を紹介しています。ワークシートに図形を挿入すると、図形の色は青く塗りつぶされています。この塗りつぶしの色や枠線の色、太さ、種類は変えられます。図形には色々な用途があります。図形にマクロを登録したり、図形内に文字を入力して組織図を作成したり、さまざまな使い道があります。その場面で、図形の塗りつぶしの色、枠線の色、太さ、種類の変更は必要になってきます。しっかりと覚えていきましょう。

 

 

図形の塗りつぶしの色、線の色、太さ、種類を変更

図形の塗りつぶしの色や枠線の色、太さ、種類を変更する方法を、2つ紹介します。

①図形のスタイル

②図形の書式設定

図形のスタイルから変更

画像を挿入すると、「描画ツール」が表示されます。

「描画ツール」→「書式」タブ→「図形のスタイル」グループ

 

 

塗りつぶしの色

図形の塗りつぶしを「塗りつぶしなし」に変更してみましょう。

1.図形を選択して、「図形の塗りつぶし▼」をクリック→「塗りつぶしなし」を選択しましょう。

 

2.図形内の色がなくなりました。

 

枠線の色

次に、図形の枠線の色を赤に変更してみましょう。

1.図形を選択して、「図形の枠線▼」をクリック→「赤」を選択

 

2.図形の枠線の色が赤になりました。

 

 

枠線の太さ

図形の枠線の太さを「3pt」に変更してみましょう。

1.図形を選択して、「図形の枠線▼」をクリック→「太さ」→「3pt」を選択

 

2.図形の枠線の太さが 3pt になりました。

 

枠線の種類

図形の枠線の種類を、「点線(角)」に変更してみましょう。

1.「図形の枠線▼」をクリック→「実践/点線」→「点線(角)」を選択

 

2.図形の枠線の種類が、点線(角) になりました。

 

 

図形の書式設定から変更

1.図形を選択して、右クリック→「図形の書式設定」

 

2.「塗りつぶし」「線」から、図形の塗りつぶしの色や枠線の色、太さ、種類を変更できます。

塗りつぶしの色

「図形の書式設定」→「塗りつぶし」をクリック

1.塗りつぶし(単色)にチェックマークを入れる

2.「色」から「薄い青」を選択

 

3.図形の塗りつぶしの色が、薄い青になりました!

 

枠線の色

「図形の書式設定」→「線」をクリック

1.線(単色)にチェックマークを入れる

2.「色」から「赤」を選択

 

3.図形の枠線の色が赤になりました!

 

 

枠線の太さ

「図形の書式設定」→「線」をクリック

1.「幅」のボックスに「3pt」と入力。または、スピンボタンから入力

2.図形の枠線の幅が 3pt になりました!

 

枠線の種類

「図形の書式設定」→「線」をクリック

1.「実践/点線」→▼から「点線(丸)」を選択

2.図形の枠線のスタイルが、点線(丸)になりました!

 

図形内の文字の色を変更

エクセルで、図形の塗りつぶしの色や枠線の色、太さ、種類を変更する方法を紹介しましたが、図形を作成して文字を入力すると、文字の色は白色になっています。図形の塗りつぶしをなしにした場合、文字の色は見えなくなります。それでは困ります。文字の色を自由に変更できるようにしたいですね。図形の塗りつぶしの色や枠線の色、太さ、種類だけを変更できるだけでは、作成できる図形のスタイルが限られてきます。図形内の文字の色の変更もできるようにしましょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで図形の文字の色を変更する方法