エクセルで図形の文字の色を変更する!

エクセルで、図形の文字の色を変更する方法を紹介します。図形を挿入して、図形内に文字を入力すると、文字は白色で入力されてしまします。この色のままだと、図形の塗りつぶしをなしにした時に、文字が見えなくなってしまします。この文字の色だと何を入力したのか分かりません。ここでは、図形内の文字の色だけに注目して、図形の文字の色を変更する方法をわかりやすく説明しています。

 

 

図形を作成

エクセルに図形を作成してみましょう。ここでは、長方形を作成してみます。

1.「挿入」タブ→「図」グループ→「図形▼」をクリック→「正方形/長方形」をクリック。

 

2.作成したい位置で、長方形を描くと、長方形が挿入されます。

 

 

図形内に文字を入力

挿入した長方形に、文字を入力してみましょう。

図形に「あいうえお」と入力しましょう。「あいうえお」の文字は白色になっています!

 

 

ここから、2つの方法で図形の文字の色を変更していきましょう。

①ホーム」タブから図形の色を変更する

②右クリックから図形の色を変更する

 

 

「ホーム」タブから色を変更

「ホーム」タブから、図形の文字の色を変更してみましょう。ここでは「黄」の色にしてみます。

1.「ホーム」タブ→「フォント」グループ→「フォントの色」の▼をクリック→「黄」を選択。

 

2.図形の文字の色が黄になりました!

 

 

右クリックから色を変更

右クリックから、図形の文字の色を変更してみましょう。ここでは「赤」の色にしてみます。

1.図形に入力した文字「あいうえお」を選択して、右クリックしましょう。フォントの色、またはフォントをクリックして、標準の色から「赤」を選択します。

 

2.図形の文字の色が赤になりました!

 

図形の色と線を変更

エクセルで、図形の文字の色を変更する方法を紹介しましたが、図形を挿入した時、図形は青く塗りつぶされています。この塗りつぶされた色や、図形の枠線の色も変更することができます。文字の色を白から他の色に変更しても、図形が濃い色で塗りつぶされていると、文字が分かりにくいです。図形の文字の色と塗りつぶしの色、枠線の色はバランスよく設定する必要があります。その方法をご参照ください。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで図形のデフォルト(色や線)を変更する