エクセルで年齢を基準日の時点で計算する方法!和暦の生年月日でも計算できる

エクセルDATEDIF関数を使って、年齢を基準日の時点で計算する方法を紹介しています。生年月日で今日の年齢をだすことはよくありますが、DATEDIF関数では何年後の基準日で年齢をだすこともできます。年齢は生年月日から計算しますが、もし日付が和暦で表示されていたとき、年齢計算は和暦でもできるのでしょうか?日付の表示方法は色々あります。日付は一般的に西暦で表示することが多いですが、和暦で年齢が計算できないとなると困ります。ここでは和暦から年齢を計算する方法も説明していきます。

 

 

DATEDIF関数

2つの期間の年数、月数、日数を計算します。年齢を計算する場合に便利です。

エクセルDATEDIF関数は、関数ウィザードの関数名一覧にありません。手入力しましょう。

DATEDIF関数の書式と引数

DATEDIF(開始日,終了日,単位)

開始日 期間の最初の日付または開始日
終了日 期間の最後の日付または終了日
単位 返される情報の種類を指定

DATEDIF関数の単位

単位 戻り値
 “Y” 期間の年数
 “M” 期間の月数
 “D” 期間の日数
 “MD” 開始日から終了日までの日数。 日付の月数および年数は無視されます制限があるため、”MD” 引数の使用はお勧めしません。
 “YM” 開始日から終了日までの月数。 日付の日数および年数は無視されます。
 “YD” 開始日から終了日までの日数。 日付の年数は無視されます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで生年月日から今日の年齢を計算する方法

 

基準日の時点での年齢を計算

エクセルDATEDIF関数で、生年月日から基準日までの年齢を計算します。

基準日を「2019/1/1」とします。D2に「2019/1/1」と入力しましょう。

C2に、基準日「2019/1/1」の時点の年齢を、表示する式を入力します。

 

C2 =DATEDIF(B2,$D$2,”Y”)

「27」がかえされます。年齢は27歳です。

C2の式をドラッグして、下にコピーしましょう。

基準日での年齢が表示されました!

和暦の生年月日から今日の年齢を計算

生年月日が和暦で入力されている場合、エクセルDATEDIF 関数で、年齢を計算します。

B列には、和暦の表示方法を変えて、生年月日が入力されています。

今日の日付を「2018/1/5」とします。D2に「2018/1/5」と入力しましょう。

C2に、今日の年齢を計算する式を入力します。

 

C2 =DATEDIF(B2,$D$2,”Y”)

「25」が返されます。

生年月日が和暦でも、年齢が出せました!

C2の式をドラッグして、下にコピーしましょう。

年齢が表示されました!

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルDATEDIF関数を使わずに生年月日から年齢を計算する方法

 

 

エクセルDATEDIF関数を正しく使う為の確認

① エクセルの日付方式を確認しましょう。

   エクセルでは、2つの異なる日付方式があります。

   1900年を基準とした日付方式と 1904年を基準とした日付方式です。

   ブックの日付方式を統一しないと、ブック間で違った結果になります。

   ブックの日付方式を統一しましょう。

② パソコンの内蔵時計を確認しましょう

   エクセルでの時間や日付の計算は、パソコンの内蔵時計を基準にしています。

   パソコンの時計の変更は、ディスプレイ右下の時計からできます。

   表示されている時間をダブルクリックしてみましょう。

   でてきた時計とカレンダーを見て、現在の日時になっているか確認をしてみましょう。

   あっていない場合は、でてきた「日付と時刻」の「日付と時刻の変更(D)」をクリックします。

   「日付と時刻の設定」から日付と時間を変更しましょう。

 

 

年齢計算にTODAY関数を使用するときの注意

生年月日から今日の年齢を計算する場合、エクセルTODAY関数を使用すると、誤った計算結果を返すことがあります。

今日の日付から生年月日を引いた式は、次のようになります。

B2 =TODAY()-A2

例えば、 1900年を基準とした日付方式で計算した場合、生年月日が1900年以前だと計算できません。

生年月日が1900年以前の場合はエラーになります。

年齢が100歳を超えた場合も、3桁を表示させることができません。

このように「=TODAY()-生年月日」で年齢を計算すると正しい計算結果が得られない場合があります。

年齢を計算するときは、エクセルDATEDIF関数で、正しい年齢を計算しましょう。

生年月日から年齢を計算する他の方法

DATEDIF関数は、2つの日付の間を計算する場合に便利です。開始日、終了日が西暦、和暦に関係なく、簡単に年齢を計算できます。

ですが、DATEDIF関数以外にも、年齢を計算する方法あります。YEAR関数、DATE関数、MONTH関数、DAY関数、IF関数を組み合わせる事によって、年齢を計算することができます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで生年月日から年齢を計算して年、月、日で表示する方法