エクセルDATEVALUE関数で3つの文字列を1つにまとめて日付に変換する!

エクセルDATEVALUE関数で、別々のセルに文字列で入力された年、月、日を結合して日付に変換する方法を紹介しています。年、月、日がバラバラに分かれて、3つのセルに入力されているとき、これを1つにまとめて日付に変換できるのは、他の関数でもできますが、年、月、日が文字列の場合は、1つにまとめて日付に変換できるのはDATEVALUE関数です。DATEVALUE関数は、日付を表す文字列を、日付に変換する関数です。別々のセルに分かれた3つの文字列が、西暦でも和暦でも、日付に変換できます。エクセルDATEVALUE関数の使い方の、応用です。DATEVALUE関数を使って、色々な日付型文字列を日付に変換してみましょう。

 

 

DATEVALUE関数

日付を表す文字列をシリアル値に変換する関数です。日付文字列を日付に変換できる便利な関数です。

DATEVALUE関数の書式と引数

DATEVALUE(日付文字列)

日付文字列 日付を表す文字列を、エクセルの日付表示形式で指定します。または、日付を表す文字列が入力されているセルを参照として指定します。

 

 

3つにセルに入力された文字列を結合して日付に変換

3つの文字列が西暦の年、月、日の場合(yyyy/mm/dd)

3つのセルに入力されている文字列は、西暦の年、月、日です。月と日は2文字で入力されています。

3つのセルの文字は左側になっているので、文字列になっていることが分かります。

D2に、3つの文字列を結合して、日付に変換する式を入力してみましょう。

 

D2 =DATEVALUE(A2&”/”&B2&”/”&C2)

D2は、シリアル値「43324」を返します。

シリアル値「43324」を、日付にしましょう。

「ホーム」タブ→「数値」グループ→「表示形式」から「短い日付形式」をクリックしましょう。

「2018/8/12」になりました!

 

 

日付の表示形式

セルの書式設定からでも、日付の表示にできます。

D2を選択して、右クリック→「セルの書式設定」をクリックします。

「表示形式」タブの分類から「日付」を選択して、目的の表示形式にします。

「カレンダーの種類」から、「グレゴリオ歴」または、「和暦」を選択すると、日付の表示を西暦にしたり、和暦にしたりできます。

3つの文字列が西暦の年、月、日の場合(yyyy/m/d)

3つのセルに入力されている文字列は、西暦の年、月、日です。

今度は、月と日は1文字で入力されています。

D2に、3つの文字列を結合して、日付に変換する式を入力してみましょう。

 

D2 =DATEVALUE(A2&”/”&B2&”/”&C2)

D2は、シリアル値「42736」を返します。

シリアル値「42736」を、日付にしましょう。

「ホーム」タブ→「数値」グループ→「表示形式」から「短い日付形式」をクリックしましょう。

「2017/1/1」になりました!

 

 

3つの文字列が和暦の年、月、日の場合(その1)

3つのセルに入力されている文字列は、和暦の年、月、日です。

セルの文字が左側になっているので、文字列になっていることが分かります。

D2に、この日付文字列を、日付に変換する式を入力してみましょう。

 

D2 =DATEVALUE(“平成”&A2&”年”&B2&”月”&C2&”日”)

D2は、シリアル値「43396」を返します。

シリアル値「43396」を、セルの書式設定で、和暦の日付にしましょう。

D2を選択して右クリック→「セルの書式設定」を選択して、和暦の表示にします。

「平成30年10月23日」になりました!

 

3つの文字列が和暦の年、月、日の場合(その2)

次の式でも、3つのセルに入力されている文字列が、和暦の年、月、日の場合、、日付に変換できます。

D2に、式を入力してみましょう。

 

D2 =DATEVALUE(“H”&A2&”.”&B2&”.”&C2)

D2は、シリアル値「43396」を返します。

シリアル値「43396」を、「セルの書式設定」で、和暦の日付にしましょう。

「平成30年10月23日」になりました!

 

 

DATEVALUE関数の基本的な使い方

DATEVALUE関数は、日付を表す文字列を日付に変換する関数です。

別々のセルに分かれた年月日を、1つにまとめて日付に変換しましたが、DATEVALUE関数の基本的な使い方を、紹介しましょう。

B2に、A2に入力されている日付型文字列を、日付に変換する式を入力してみましょう。

 

B2 =DATEVALUE(A2)

B2は、シリアル値「43185」を返します。

シリアル値「43185」を、日付にしましょう。

「ホーム」タブから「短い日付形式」で日付にします。

「2018/3/26」になりました!

 

DATEVALUE関数で文字列を日付に変換

エクセルDATEVALUE関数を使うと、文字列となっている日付が、別々のセルに分かれて入力されていても、1つにまとめて日付に変換することができます。DATEVALUE関数は、日付を表す文字列を、日付に変換する関数です。文字列になっていると、日付の計算ができません。見た目が日付だと、文字列となっていることに気がつかない場合もあります。日付として計算すると、間違った結果が出てしまいます。日付型文字列は、気がついたら、DATEVALUE関数で日付に変換しましょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで数字や文字列を日付に変換する方法!