エクセルの元々ある枠線を一部消す!

エクセルの、元からある枠線を一部だけ消す方法を紹介します。エクセルに元からある枠線を全て消したくないとき、一部だけの枠線を消すことができます。全ての枠線を消す方法とは、違うやり方で簡単に枠線を消すことができます。ここでは、一部の枠線を消す方法を2つ説明しています。

 

 

一部の枠線を消す

エクセルシートの枠線を一部だけ、セルの書式設定で消すことができます。

塗りつぶしで一部の枠線を消す

1.枠線を消したいセル範囲を選択します。

 

2.「ホーム」タブ→「フォント」グループ→「塗りつぶしの色」の色を「白、背景1」にします。

 

3.エクセルシートの枠線が、選択した一部だけ消えました!

 

 

罫線で一部の枠線を消す

1.枠線を消したいセル範囲を選択します。

 

2.「ホーム」タブ→「フォント」グループ→「その他の罫線」を選択します。

 

3.「セルの書式設定」→「罫線」タブが開きます。

 

罫線で、次のように入設定しましょう。

  ①  色 :   白、背景1

  ②  色を選択したら、外枠、内側 をクリックします。

  ③  「OK」ボタンをクリックします。

 

4.エクセルシートの枠線が、選択した一部だけ消えました!

 

全ての枠線を消す

ここでは、エクセルシートの枠線を一部だけ消す方法を紹介しましたが、枠線を全て消すこともできます。組織図や座席表を作成するときなど、枠線を消した方が、図が浮き彫りになって見やすくなります。枠線を消すことは簡単です。エクセル2003年以前はオプションから、設定して枠線を消していましたが、エクセル2007以降は、表示タブから簡単に消すことができるようになりました。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルの元々ある枠線を消す方法!