エクセルの元々ある枠線を消す!

エクセルの、最初からある枠線を消す方法を紹介します。エクセルには表を作成するとき、罫線を引きますが、この罫線ではなく、エクセルに元からある枠線のことです。例えば、エクセルで見取り図を作りたい、座席表を作成したいとき、枠線を消した方が、より見やすくなります。この枠線はエクセルの設定を変えることで、簡単に消すことができます。

 

 

枠線を消す

エクセル、ワークシートの全ての枠線を、簡単に消すことができます。

1.エクセルシートには、枠線が引いてあります。

 

2.「表示」タブ→「表示」グループ→「枠線」を見てみましょう。チェックマークが入っています。

 

3.枠線のチェックマークを外すと、エクセルシートの枠線が全て消えました!

 

 

複数シートの枠線を消す

複数シート枠線を、全て消すことができます。

1.枠線を消したいシートを、すべて選択します。「Ctrl」キーを押しながら、枠線を消したいシートのタブをクリックしていきます。

 

2.枠線のチェックマークを外します。

 

3.枠線のチェックマークを外すと、エクセルシートの枠線が全て消えました!

    

 

2003以前エクセルで枠線を削除

2007以降エクセルから、枠線を消すことが簡単にできるようになりました。2003以前のエクセルでは、オプションメニューから設定して、枠線を消さなければいけませんでした。「ツール」メニュー →「オプション」→「表示」→「枠線」のチェックマークを外す。この操作で、ワークシートの枠線を消すことができます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルの元々ある枠線を一部消す