エクセル ワークシートの枠線に色を付ける!

エクセルで、ワークシートの枠線に色を付ける方法を紹介します。ワークシートの枠線とは、表を作成する時の罫線とは違います。元々エクセルにある線のことです。罫線の色を変更できるけれど、シートの枠線に色を付けることはどうでしょうか?変更できるのかというと、枠線の色を変更したいシートを選択して、色を付けることができます。この枠線の色を白に設定すると、枠線を非表示の状態にすることもできます。

 

 

枠線に色を付ける

エクセル、ワークシートの枠線の色を、シートを指定して変更します。

1.エクセルシートには、元々枠線が引いてあります。「Sheet1」シートの枠線の色を赤に変更してみましょう。

 

2.「ファイル」タブをクリックします。

 

3.「オプション」をクリックしましょう。

 

4.「Excelのオプション」ダイアログボックスが開きます。「詳細設定」→「表示」をみてみましょう。「次のブックで作業する時の表示設定」のボックスで「Sheet1」を選択します。枠線の色から「赤」を選択→「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

5.「Sheet1」の枠線が赤になりました!

 

 

シートの枠線を消す

シートの枠線を、全て消すことができます。「Sheet2」の枠線を消してみましょう。

1.「ファイル」タブ→「オプション」→「Excelのオプション」ダイアログボックスが開きます。「詳細設定」→「表示」の「次のブックで作業する時の表示設定」のボックスで「Sheet2」を選択します。

 

2.枠線の色から「白」を選択→「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

3.「Sheet2」シートの枠線が全て消えました!

 

シートの枠線を削除

エクセルでは、シートの枠線に色を付けることができます。この方法でシートの枠線の色を白に設定すると、枠線を非表示の状態にすることもできますが、他の方法でもシートの枠線を消すことができます。簡単な方法は、「表示」タブにある、枠線を表示、非表示に切り替えるチェックボックスで、チェックマークを入れたり、外したりすることで枠線を表示、非表示できます。一部だけ枠線を削除する方法は、これとは違った方法になります。「エクセルの元々ある枠線を一部消す」方法を参照ください。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルの元々ある枠線を消す方法!