エクセル 数字の位置を揃える!桁数を指定

エクセルで、数字の桁数が揃っていないとき、小数点の位置を簡単に揃えることができます。小数点の桁数がバラバラだと数字が見にくいです。それを、小数点第一位まで揃えたい、小数点第二位まで表示させたいといった場合、小数点の桁数を揃えることができます。ここでは、ホームタブから小数点の位置を揃える方法と、セルの書式設定から、桁数を指定して揃える方法を紹介しています。数字は、小数点以下で桁数を揃えたり、整数部分で揃えることもできます。数字を、整数で表示させることもできます。数字の位置を揃えると、見た目が変わるだけで、数字は変わりません。表示の方法を変えると、数値が分かりやすくなります。

 

 

小数点以下の桁数を指定

小数点以下の桁数を2つの方法で指定しましょう。

①「ホーム」タブから設定

②セルの書式設定から設定

「ホーム」タブから小数点以下の桁数を設定

「ホーム」タブのコマンドボタンから、小数点以下の表示桁数を増やしたり減らしたりして、桁数を変えてみましょう。数値は四捨五入で表示されます。

「ホーム」タブ→「数値」グループ

 

 

表示桁数を減らす

1.数値を選択します。

 

2.「小数点以下の表示桁数を減らす」を1回クリックしましょう。桁数が1つ減りました。数字は、四捨五入されて表示されます。

 

3.「小数点以下の表示桁数を減らす」をもう1回クリックすると、桁数がさらに1つ減りました。

 

次に表示桁数を増やしてみましょう。

表示桁数を増やす

1.数値を選択します。

 

 

2.「小数点以下の表示桁数を増やす」を1回クリックしましょう。すると、桁数が1つ増えました。

 

 

セルの書式設定から小数点以下の桁数を設定

セルの書式設定から、小数点以下の表示桁数を変えてみましょう。数値は四捨五入されて表示されます。

 

小数点以下の桁数に「2」を指定

1.数値を選択して、「ホーム」タブ→「数値」グループ→ダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。または、右クリックで「セルの書式設定」を選択します。

 

2.「セルの書式設定」ダイアログ ボックスが開きます。分類から数値を選択しましょう。「小数点以下の桁数」のボックスに「2」と入力して、「OK」ボタンをクリックします。

 

3.数値の小数点以下が2桁まで表示されました。数値は四捨五入されて表示されています。

 

小数点以下の桁数に0を指定

1.「セルの書式設定」ダイアログ ボックスを開きます。分類から数値を選択して「小数点以下の桁数」のボックスに「0」と入力→「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

2.数値が1の位まで表示されて、整数になりました。

 

四捨五入で数値は表示

エクセルで、数値の桁数を指定する方法を2つ紹介しましたが、ホームタブから、数字の表示桁数を増やしたり、減らす方法、セルの書式設定から小数点以下の桁数を設定する方法、どちらも数値は四捨五入されます。

ホームタブからでは、小数点以下、整数部分の桁数を増やしたり、減らしたりできますが、セルの書式設定からは、小数点以下の桁数を増やしたり、減らしたりできます。セルの書式設定は、小数点以下しか桁数を増減できませんが、表示形式などを変更することができます。

こちらの記事もご覧ください。⇒小数点を四捨五入するExcel ROUND関数の使い方