エクセル関数で特定の文字以降を抽出!以前を抽出する

エクセル関数で、簡単に特定の文字以降、または以前を抽出することができます。セルの文字列の中に特定の文字があった場合、その文字を含んだ後ろ、または前の、文字や数字を抽出します。セルに数字や文字が混在して入力されているとき、特定の文字をキーとして、必要な文字や数字だけを取り出せる便利な方法です。ここでは、FIND、LEFT、RIGHT、LEN関数を使って、特定の文字以降、以前を抽出しています。

 

 

特定の文字以降、以前を抽出

エクセルFIND関数で、特定の文字以前を取り出す

FIND関数とLEFT関数を使用して、特定の文字以前を抽出します。

下の表の住所から、都道府県だけを抽出してみましょう。

住所の「県」以前の、文字列を抽出します。「以前」なので、「県」の文字も含みます。

 

B2に、式を入力しましょう。

B2 =LEFT(A2,FIND(“県”,A2))

「埼玉県」が抽出されました!

住所の左から「県」以前の、文字列を抽出したいので、左から「県」までの文字数を調べます。次の式で求めることができます。

=FIND(“県”,A2)

LEFT関数の「文字数」です。

上の式を、LEFT関数の引数、「文字数」に指定した式がB2になります。

B2の式をドラッグして、「B3:B5」にコピーしましょう。

「県」を含む、都道府県が抽出されました!

 

 

エクセルLEN関数で、特定の文字以降を取り出す

RIGHT関数、LEN関数、FIND関数を使用して、特定の文字以降を抽出します。

下の表の保証書№から、「W」以降を抽出してみましょう。「以降」なので「W」も含みます。

 

B2に、式を入力しましょう。

B2 =RIGHT(A2,(LEN(A2)+1)-FIND(“W”,A2))  

「W10012」が抽出されました!

保証書№の右から、「W」以降の文字列を抽出したいので、右から「W」以前の文字数を調べます。次の式で求めることができます。

=(LEN(A2)+1)-FIND(“W”,A2)

上の式は、A2の文字数+1から、左から「W」までの文字数を差し引く式です。

RIGHT関数の文字数です。

上の式を、RIGHT関数の引数、「文字数」に指定した式がB2になります。

B2の式をドラッグして、「B3:B5」にコピーしましょう。

「W」以降の文字が抽出されました!

 

 

関数の説明

LEFT関数

文字列の左から、指定した数の文字を抽出します。

LEFT関数の書式と引数

LEFT(文字列, [文字数])

文字列 取り出す文字を含む文字列を指定します。
文字数 省略できます。取り出す文字数を指定します。省略すると1が設定されます。

 

LEFT関数の使い方

数式 結果
B2=LEFT(A2,3) 「A2」の契約№は「A31R302」です。左から3文字を抽出します。結果は「A31」を返します。

 

FIND関数

指定された文字列を検索して、その文字列が最初に現れる位置を左端から数えて、その位置を番号で返します。

FIND関数の書式と引数

FIND(検索文字列,対象,開始位置)

検索文字列 検索する文字列を指定します。
対象 検索文字列を含む文字列を指定します。
開始位置 検索開始位置を指定します。省略すると、開始位置は1です。 

 

FIND関数の使い方

数式 結果
B2=FIND(“R”,A2) 「A2」の契約№は「MN38R12」です。「R」が左端から何番目かを調べます。結果は「5」を返します。

 

 

RIGHT関数

文字列の右から、指定した数の文字を抽出します。

RIGHT関数の書式と引数

RIGHT(文字列,文字数)

文字列 取り出す文字を含む文字列を指定します。
文字数 取り出す文字数を指定します。

 

RIGHT関数の使い方

数式 結果
B2=RIGHT(A2,3) 「A2」の契約№は「R318W295」です。右から3文字を抽出します。結果は「295」を返します。

 

LEN関数

文字列の文字数を返します。

LEN関数の書式と引数

LEN(文字列)

文字列 文字数を調べる文字列を指定します。

 

特定の文字の前、間、後ろを抽出

エクセル関数でできるのは特定の文字以降、または以前を抽出だけではなく、特定の文字の前、間、後ろを抽出することができます。この場合、特定の文字は含みません。文字以降と以前とは、その点が違ってきます。

特定の文字から特定の文字の間を抽出するのは、MID関数を使います。特定の文字の前、または後ろを抽出するのは、特定の文字以降、または以前の応用編になります。取り出す文字の開始位置や、文字数が変動する場合、抽出したい文字がどの位置にあっても、何文字でも自由に抜き出すことができます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル セル内の特も定の文字の後ろ、間、前を抽出する方法