エクセルで1行おきに行を挿入する方法!

エクセルで、1行おきに行を挿入する方法を紹介しています。1行おきに行を挿入したい場合、1行1行、行を挿入していくのは大変です。そのような作業をしないでも、1行おきに行を挿入できます。ここでは、挿入する行の数が少ない場合と、大量の行を1行おきに行を挿入する場合の、2通りの方法を紹介しています。1行1行挿入していく手間が省けます。

 

 

1行おきに行を挿入

エクセルで、1行おきに行を挿入したい!

でも、どいしたらいいの?

A行とB行の間に1行挿入したい、という場合は行を挿入できるけれど、その方法で1行おきに、行の間に行をいれていくのは大変です

そのような時に、一括で1行おきに行を挿入する方法があります。

 

 

1行おきに行を挿入(基本)

下表で説明していきましょう。

1行おきに行を挿入する、基本的な方法です。

2行目から下にかけて、1行おきに行を挿入していきましょう。

1.3行目を選択します。「Ctrl」キーを押しながら、4、5、6行目と選択していきましょう。ポイントは、空白行を追加したい行を、「Ctrl」キーを押下しながら選択していくことです。

選択した行の上に、行が挿入されます。

 

2.右クリックして、挿入を選択します。

 

3.1行おきに、行が挿入されました!

 

 

1行おきに行を挿入(エクセルの挿入機能)

エクセル「挿入」機能を使って、1行おきに行を挿入する方法です。

「ホーム」タブ→「セル」グループ→「挿入」▼

 

1行おきに行を挿入する、基本的な方法と要領は同じです。

1.空白行を追加したい行を、「Ctrl」キーを押下しながら選択して、「セルの挿入」または「シートの行を挿入」をクリックしましょう。

 

3.1行おきに、行が挿入されました!

 

 

1行おきに行を挿入(並び換え)

挿入したい行が多い場合は、「Ctrl」キーで行を選択していくのは大変です。

そのような時は、「並び替え」を利用して、1行おきに行を挿入していきます。

1.空白の列に、連番を入力します。

 

2.下のセルに、入力した連番をコピーして貼り付けます。

 

3.連番を入力したセルを含めて、範囲を選択します。

 

4.「並び替え」をクリックします。

「データ」タブ→「並べ替えとフィルター」グループ→「並べ替え」

 

5.「連番」を昇順で並び替えをします。

 

3.1行おきに、行が挿入されました!

 

複数の行や列を挿入する

エクセルで、1行おきに行を挿入する方法を紹介しましたが、複数の行を挿入する方法と、どこが違うか分かったでしょうか。

1行おきに行を挿入するする場合は、「Ctrl」キーを押下しながら行を選択していきます。不連続の行を挿入するときも、Ctrl」キーを押下しながら行を選択していくと、選択した行の上に、行が挿入されます。

複数の行を挿入する場合は、挿入したい行数分、行を選択していきます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで複数の行や列を挿入する方法!