エクセルで計算結果にエラー(#VALUE!)!足し算ができない場合の対処法

エクセルで計算した時に、エラー(#VALUE!)になった場合の対処法を紹介しています。エクセルで足し算すると#VALUE!になった。足し算ができない。または「0」になって原因がよく分からない。そのような場合は、セルに「空白情報」「文字列情報」が入力されていることがあります。この解決策を説明していきます。

 

 

計算をする参照範囲に空白情報がある

四則計算で計算セルに空白情報がある場合、計算の結果は、エラー「#VALUE!」になってしまいます。

1月と2月の数値を足し算すると、D4はエラー「#VALUE!」になってます。

B4には、見た目は空白ですが、実は空白情報が入っています。空白文字(スペース)や文字情報が入っていると、四則計算ができないのでエラー「#VALUE!」が、返されます。

四則計算でエラー「#VALUE!」が表示された場合、その対処法があります。

 

 

空白情報がある場合の対処法

空白情報がある場合、エラー「#VALUE!」が返されるのは四則計算です。他の計算方法で計算、または、空白情報を削除することで、エラー「#VALUE!」を回避できます。

SUM関数を使用する

四則計算で足し算した式を、SUM関数で足し算することで、エラー「#VALUE!」を回避できます。

 

D4の式を、SUM関数で足し算しましょう。

D4の、エラー「#VALUE!」が消えて、計算されました。

空白文字(スペース)を置換で削除する

空白文字(スペース)が入っている場合、置き換えで空白を削除できます。空白文字(スペース)を削除することで、エラー「#VALUE!」を回避できます。

「ホーム」タブ→「編集」グループ→「検索と選択」

 

置き換えで、空白を削除しましょう。

 

1.空白文字(スペース)が入っているB4を選択します。

2.「検索と選択」をクリックしましょう。

3.「置換」タブで「検索する文字列」に「スペース」を入力します。

4.「置換後の文字列」には何も入力しません。必要に応じて「置換」または「すべて置換」をクリックしましょう。

D4の、エラー「#VALUE!」が消えて、計算されます。

 

 

空白文字(スペース)を「Delete」で削除する

空白文字(スペース)が入力されている場合、数が少ないときは、空白文字(スペース)が入力されているセルを選択して、「Delete」キーで削除すると、エラー「#VALUE!」が消えて、計算されます。

数が多く、空白文字(スペース)が入力されているセルが不連続で広範囲にある場合は、1つ1つ選択して「Delete」キーで削除するのは大変です。

数が少ない場合に、「Delete」キーで削除しましょう。

計算をする参照範囲に文字列の情報がある

SUM関数で計算した場合、計算結果が0(ゼロ)になるときがあります。

1月と2月の数値をSUM関数で足し算すると、D4は「0」になってます。

 

1月と2月の数値を四則計算で足し算すると、D4は計算されます。

 

 

文字列の情報があるの対処法

C4は見た目は数値ですが、文字列です。書式で右寄せにしていると、数値か文字列かわかりません。

セルに文字列の情報が入力されていると、SUM関数は文字列は無視して計算するので、「0」を返します。足し算で計算すると、四則計算は計算できる数字は、数値とみなして計算するために計算ができます。

SUM関数で計算した場合、計算結果で「0」が表示された場合、その対処法があります。

区切り位置で文字列を数値にする

計算結果で「0」が表示された場合、区切り位置で文字列を数値に変換できます。数値に変換することで、SUM関数で計算できるようになります。

「データ」タブ→「並び替えとフィルター」グループ→「区切り位置」

 

区切り位置で、文字列を数値に変換しましょう。

 

1.文字列が入っているC4を選択します。

2.「区切り位置」をクリックしましょう。

3.「区切り位置指定ウィザード1/3」が開くので、「完了」ボタンをクリックします。

D4の、「0」が消えて、SUM関数で計算されます。

数値の入力には注意しましょう

ここで紹介したように、エクセルで足し算ができなくて「#VALUE!」が表示される原因は、色々あります。数値を入力するときは、セルの書式が文字列になっていないか注意しましょう。書式で右寄せに設定されている場合、見た目では文字列なのか数値なのか分かりません。数値を入力する前に、入力範囲を全て数値に変換することも予防としてお勧めです。

セルの空白にも気を付けましょう。計算の結果にエラー「#VALUE!」が表示されたとき、計算対象に空白があった場合は空白に「スペース」が入っていないか確認しましょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルSUM関数、オートSUMで範囲の足し算(合計)をする!