エクセルで重複データを抽出する方法!フィルターオプションの設定

エクセルで、重複データを抽出する方法を紹介しています。重複データを抽出するには、まずCOUNTIF関数で、どのデータが重複しているのか調べます。重複データが分かったらOKです。ここからは、エクセル「フィルターオプションの設定」を使って、簡単に重複データが抽出できます。フィルターオプションを使うと、別シートに重複データを抽出したり、複数項目が重複するデータを、抽出することもできます。

 

 

重複データを抽出する手順

1.COUNTIF関数で、重複データをチェック

2.「フィルターオプションの設定」で重複データを抽出

この手順で、COUNTIF関数で重複データをチェックし、「フィルターオプションの設定」で、重複データを抽出していきましょう。

フィルターオプション機能

 

 

「データ」タブ→「並び替えとフィルター」→「詳細設定」をクリック。

「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスが開きます。

 

 

COUNTIFで重複データをチェック

まず、最初に、COUNTIF関数で、どのデータが重複しているのか調べてみましょう。

COUNTIF関数で重複データをチェックする

COUNTIF関数で、重複しているデータは「重複」と表示してみましょう。

 

「D2」に、契約№が重複していたら、重複と表示させる式を入力します。

重複していなかったら、「空白」を表示させます。

D2 =IF(COUNTIF($A$2:A2,A2)>1,”重複”,””)

D2の式をドラッグして、下にコピーしましょう。

すると、「重複」しているデータには、「重複」と表示されます!

検索範囲「$A$2:A2」は、範囲の先頭を絶対値で固定してコピーすると、検索範囲の終了セルが下にずれいきます。

最初に現れた「契約№」は、検索値のセルの個数が「1」なので「空白」、重複する「契約№」は「>1」なので「重複」が表示されます。

ここから、「フィルターオプションの設定」で、重複データを抽出していきます!

 

 

フィルターオプションの設定でチェックした重複データを抽出

重複データを同シートに抽出

重複データを同じシートに抽出します。

「チェック」の項目が、「重複」と入力されているデータを、抽出してみましょう。

抽出する項目は、「契約№」「氏名」「種類」「チェック」です。

 

1.「A2:D15」の範囲から重複データを、「列F:列I」に抽出します。抽出する条件を「K1:K2」です。

2.「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスを開きましょう。

  

 

 「フィルターオプションの設定」には、次にように入力しましょう。

    抽出先      : 指定した範囲

    リスト範囲    : Sheet1!$A$1:$D$15

    検索条件範囲   : Sheet1!$K$1:$K$2

    抽出範囲     : Sheet1!$F$1:$I$1

  ① ボックス内で範囲を選択すると、範囲が入力されます。

  ② 「抽出先」は、「指定した範囲」にチェックマークを入れます。

  ③ 「リスト範囲」は、この範囲から重複データを抽出します。

  ④ 「抽出範囲」に重複データを抽出させます。抽出条件は「検索条件範囲」になります。

3.「フィルターオプションの設定」に入力したら、「OK」ボタンをクリックしましょう。

4.「列F:列I」に、重複データが抽出されました。

 

次に、重複データを別シートに抽出してみましょう。

 

 

重複データを別シートに抽出

重複データを別シートに抽出する方法です。抽出する項目は、「契約№」「氏名」「種類」です。

1.シート名「Sheet1」にCOUNTIF関数で、重複データをチェックした表があります。

  この「Sheet1」から重複データだけを、シート名「Sheet2」に抽出させます。

 

2.下のシートが「Sheet2」です。「Sheet2」の「列A:列C」に、重複データを抽出します。

  抽出する条件は、「Sheet2」に入力します。「F1:F2」が抽出する条件です。

 

3.「Sheet2」の「A1:C1」を選択して、「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスを開きましょう。

  

 

 「フィルターオプションの設定」には、次にように入力しましょう。

    抽出先      : 指定した範囲(O)

    リスト範囲    : Sheet1!$A$1:$D$15

    検索条件範囲   : Sheet2!$F$1:$F$2

    抽出範囲     : Sheet2!$A$1:$C$1

4.「フィルターオプションの設定」に入力したら、「OK」ボタンをクリックしましょう。

5.「列A:列C」に、重複データが抽出されました。

 

 

複数の項目が一致する重複データを抽出

複数の項目が合致する、重複データを抽出します。

「契約№」と「氏名」の2つの項目、両方が合致する重複データを、抽出してみましょう。

1.「D列」に「A列」と「B列」の項目を、結合させる式を入力します。

 

  D2 =A2&B2

  D2の式をドラッグして、下にコピーしましょう。

  表が完成しました!

2.「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスを開きましょう。

 

  「フィルターオプションの設定」には、次にように入力しましょう。

    抽出先      : 指定した範囲(O)

    リスト範囲    : Sheet1!$A$1:$D$15

    検索条件範囲   : Sheet1!$K$1:$K$2

    抽出範囲     : Sheet1!$G$1:$I$1

3.「フィルターオプションの設定」に入力したら、「OK」ボタンをクリックしましょう。

4.列G:列I」に、重複データが抽出されました。

 

 

COUNTIF関数の説明

COUNTIF関数

指定した範囲に含まれる、検索条件に一致するセルの個数を返します。

COUNTIF関数の書式と引数

COUNTIF(範囲,検索条件)

範囲 検索条件に一致するセルの個数を求める範囲を指定します。
検索条件 条件を、数値、式、または文字列で指定します。式、文字列で指定する場合は「”」で囲みます。

COUNTIF関数の使い方

数式 結果
B2=COUNTIF($A$2:$A$20,”りんご”)  A列には商品名が入力されています。「りんご」の商品名は3つあります。「りんご」が範囲「A2:A20」に幾つあるか数えます。数式の結果は「3」になります。

 

重複しないデータを抽出

エクセル フィルターオプションで重複データを抽出する方法を紹介しましたが、この機能を使って重複しないデータも抽出できます。

重複しないデータを抽出する方法は、他にもあります。重複データだけを削除して、重複しないデータだけを残すやり方です。重複データを削除する方法は色々ありますが、チェックせずに削除したい場合は、エクセルの「重複の削除」機能を使うと、簡単に削除できます。

こちらの記事もご覧ください。⇒重複しないデータを抽出!エクセル重複の削除で表示させる