エクセル関数で数値、空白でないセルをカウント!COUNT/COUNTA

エクセルCOUNT関数とCOUNTA関数の違いを、使い方を紹介しながら説明しています。COUNT関数とCOUNTA関数は、セルの数をカウントする関数ですが、COUNT関数は数値が含まれる、セルの個数を数えます。COUNTA関数は、論理値、文字列、エラー値などを含む、空白でないセルをカウントします。数値だけを数える場合はCOUNT関数を、すべての種類のデータを含む、空白でないセルをカウントしたい場合は、COUNTA関数を使います。エクセルCOUNT関数、COUNTA関数は、よく似ているので使い方を間違いやすいです。

 

 

COUNT関数とCOUNTA関数の違い

COUNT関数:数値を数えます。

COUNTA関数:空白でないセルの数を数えます。

COUNT関数

数値を含むセル、数値の個数をカウントします。日付、または数値を表す文字列 「”1″」 のように引用符で囲まれた数値も計算の対象となります。

COUNT関数の書式と引数

COUNT(値 1, [値 2], …)

値 1  数値の個数を調べる1つ目のセル参照、またはセル範囲。
値 2, …  数値の個数を調べる2つ目からのセル参照、またはセル範囲。255まで指定できます。

COUNT関数で数値を含むセルをカウント

COUNT関数で、単価が決まっている商品の数を数えてみましょう。

 

B11に、式を入力しましょう。

B11 =COUNT(B2:B10)

結果は「7」を返します。COUNT関数は文字列はカウントしません。「-」は計算の対象外になります。

次に、COUNT関数で商品の数をカウントしてみましょう

 

A11に、式を入力します。

A11 =COUNT(A2:A10)

「0」を返します。

COUNT関数で商品の数はカウントできません。

COUNT関数は数値を含むセル、数値の個数をカウントして、文字列はカウントしません。

文字列をカウントしたい場合はCOUNTA関数を使います。

 

 

COUNTA関数

エクセルCOUNTA関数は、空白ではないセルの個数をカウントします。エラー値や空の文字列 「””」もカウントします。

COUNTA関数の書式と引数

COUNTA(値 1, [値 2], …)

値 1 1つ目の空白でないセルの個数を調べるセル範囲。
値 2  2つ目からの空白でないセルの個数を調べるセル範囲。255まで指定できます

COUNTA関数で空白ではないセルをカウント

COUNTA関数で確定している枝番の数を、カウントしてみましょう。

 

B11に式を入力しましょう

B11 =COUNTA(B2:B10)

「7」を返します。

確定している枝番の数は「7」です。

COUNTA関数は、空白でないセルの個数をカウントします。

空白のセルはカウントしません。

次に、COUNTA関数で、単価が確定している商品の数を数えてみましょう。

C11に、式を入力します。

C11 =COUNTA(C2:C10)

「9」を返します。

単価が確定している商品の正確な数は「7」です。

このようにCOUNTA関数では、数値の個数をカウントできません。

空白でないセル以外は、すべての種類のデータを含むセルをカウントします。

数値をカウントする場合は、COUNT関数を使いましょう。

 

 

空白のセルをカウントするCOUNTBLANK関数

COUNT関数、COUNTA関数と並んでセルの数をカウントする関数ですCOUNT関数、COUNTA関数は入力されているセルの数を数える関数ですが、COUNTBLANK関数はその逆です。空白のセルの数を数えます。

COUNTBLANK関数の使い方

COUNTBLANK関数で空白のセルを数えます。空の文字列 「””」はカウントしません。

 

未回答の数を、数えてみましょう。

B10 =COUNTBLANK(B2:B9)

空白のセル「3」を返します。

回答者数の数を数えたい場合は、COUNTA関数を使いましょう。

条件に一致するセルの個数をカウントするCOUNTIFS関数

セルの数をカウントする関数、COUNT関数、COUNTA関数の他にCOUNTIF関数、COUNTIFS関数がありますが、COUNTIF関数は条件に一致するセルの個数を数えます。COUNTIF関数で指定できる条件は1つです。複数の条件を指定する場合は、COUNTIFS関数を使います。1つの条件に一致するセルの個数をカウントする場合は、COUNTIF関数、複数の条件に一致するセルの個数をカウントする場合はCOUNTIFS関数を使います。

こちらの記事もご覧ください。⇒複数条件に一致するデータをエクセルCOUNTIFS関数でカウント!