エクセルTEXT関数で日付から年だけ、月だけ、日だけ抽出する方法!

エクセルTEXT関数で日付から年だけ、月だけ、日だけ抽出する方法を紹介しています。TEXT関数は、表示形式コードを使用して、日付を色々な表示に変更することができます。日付から年だけ、月だけ、日だけ抽出する関数は他にもありますが、TEXT関数は文字列と結合させて、自由自在に様々な表示ができる関数です。日付データを扱うときは、こんな便利な関数はありません。

 

 

TEXT関数

TEXT関数は、表示形式コードを使用して数値の表示方法を変更することができます。数値を読み取りやすい表示に変更できる便利な関数です。TEXT関数を使用して、日付からその年だけ、月だけ、日だけ表示させることができます。

TEXT関数の書式と引数

TEXT(数値, 表示形式)

数値 数値、数式、または数値を含むセルの参照を指定します。
表示形式 数値書式を、”yyyy/mm/dd” など、引用符で囲んだテキスト文字列として指定します。

 

 

日付から年だけ、月だけ、日だけ抽出

TEXT関数で、「2018/10/15」から年だけ、月だけ、日だけ抽出してみましょう。

下表を使って紹介していきます。

年だけ表示

B2 =TEXT(A2,”yyyy”)

日付けから、年だけ抽出できました!

 

 

月だけ表示

B3 =TEXT(A2,”mm”)

日付けから、月だけ抽出できました!

日だけ表示

B4 =TEXT(A2,”dd”)

日付けから、日だけ抽出できました!

TEXT関数の使用例

TEXT関数は、文字列と結合させて、さまざまな表示ができます。

ここでは、その一例を紹介しましょう。

B2 =TEXT(A2,”mm”&”月”&”dd”&”日”&”(aaa)”)

「10月15日(月)」と表示されました!

TEXT関数から取り出した日付けを文字列と「&」で結合させています。

 

 

エクセルの表示形式

 表示形式  表示例
 aaa  月
 aaaa  月曜日
 (aaa)  (月)
 ddd  Mon
 dddd  Monday

 

関数の説明

YEAR関数

エクセルYEAR関数は、日付(シリアル値)から年だけ変換して、整数で返します。

YEAR関数の書式と引数

YEAR(シリアル値)

シリアル値 必ず指定します。年を抽出したい日付を、シリアル値で指定します。

MONTH関数

エクセルMONTH関数は、日付(シリアル値)から月だけ変換して、整数1(月)~12(月)で返します。

MONTH関数の書式と引数

MONTH(シリアル値)

シリアル値 必ず指定します。月を抽出したい日付を、シリアル値で指定します。

DAY関数で日付から日を抽出

西暦、和暦、英字の日付から、日だけを取り出してみましょう。

DAY関数

エクセルDAY関数は、日付(シリアル値)から日だけ変換して、1 ~ 31 の範囲内の整数で返します。

DAY関数の書式と引数

DAY(シリアル値)

シリアル値 必ず指定します。日を抽出したい日付を、シリアル値で指定します。

TEXT関数で日付を色々な形式で表示させる

エクセルTEXT関数を使って、日付から年だけ、月だけ、日だけ抽出する方法を紹介しましたが、TEXT関数を使うと、日付から、曜日を表示させることもできます。TEXT関数に&を使うと日付と文字列を結合させて、自由自在に表示させることもできます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル関数を使って日付の曜日を表示させる方法