エクセルDGET関数で条件を満たすデータを抽出

エクセルDGET関数で、条件を満たすデータを抽出する方法を紹介していますエクセルDGET関数を使うと、1つの条件、複数条件を指定した色々な検索でデータを抽出できます。エクセルDGET関数は条件を満たすデータを抽出できますが、ワイルドカードを使って、一部の文字だけが一致している文字列を抽出することもできます。複数条件「AND」、「OR」の検索もできます。複雑な検索条件を指定して値を抽出したいときには、こんな便利な関数はありません。

 

 

DGET関数

リストまたはデータベースから条件に従って検索し、条件に一致した 1 つの値を取り出します。

DGET関数の書式と引数

DGET(データベース, フィールド, 検索条件)

データベース検索するセル範囲を見出しも含めて指定します。
フィールド値を取り出したい列を、「見出しの項目」または、リストの先頭列からの位置を示す「列番号」で指定します。
検索条件検索条件が設定されているセル範囲を指定します。

DGET関数の基本的な使い方

エクセルDGET関数で条件を満たすデータを抽出する使い方を説明します。

G2に、「見出しの項目」をフィールドに指定して、商品名「梨」の、金額を抽出する式を入力します。

G2 =DGET(A1:D7,D1,F1:F2)

結果は、金額「3,450」が返されます。

G3に、「列番号」をフィールドに指定して、商品名「梨」の、金額を抽出する式を入力します。

G3 =DGET(A1:D7,4,F1:F2)

2つの式のどちらでもいいです。

 

 

複数の列に1つの検索条件

I2に、商品名「りんご(紅玉)」かつ 産地「山形」かつ 単価「>=150」の、金額を抽出する式を入力します。

I2 =DGET(A1:D7,D1,E1:G2)

金額「1,800」が返されます。

同じ列に複数の検索条件を指定

G2に、商品名「りんご(かんき)」または 「りんご(茜)」または 「りんご(つがる)」の、金額を抽出する式を入力します。

G2 =DGET(A1:D7,D1,F1:F4)

金額「4,500」が返されます。

 

 

複数の列に 2 セット以上の検索条件を指定

H2に、商品名「りんご(ふじ)」かつ 単価「>=300」または 商品名「りんご(むつ)」かつ 単価「>=300」の、金額を抽出する式を入力します。

H2 =DGET(A1:D7,D1,F1:G3)

金額「6,000」が返されます。

列ごとに検索条件を指定

I2に、商品名「りんご(つがる)」または 産地「青森」または 単価「>300」の、金額を抽出する式を入力します。

I2 =DGET(A1:D7,D1,F1:H4)

金額「6,000」が返されます。

1つの列に2セット以上の検索条件を指定

H2に、 単価「200<単価<250」または「単価<100」の、商品名 を抽出する式を入力します。

H2 =DGET(A1:D7,A1,F1:G3)

品名「りんご(紅玉)」が返されます。

この式は、「単価<100」は「単価」項目にありませんが、 「200<単価<250」はあります。単価「230」の商品名 「りんご(紅玉)」が抽出されます。

H6に、 単価「300<単価<350」または「単価<=120」の、商品名を抽出する式を入力します。

H6 =DGET(A1:D7,A1,F5:G7)

結果は、商品名「りんご(さんさ)」が返されます。

この式は、「300<単価<350」は「単価」項目にありませんが、 「単価<=120」はあります。単価「120」の商品名 「りんご(さんさ)」が抽出されます。

 

 

検索条件にワイルドカードを指定

G2に、「ふじ」を含む商品名の、金額を抽出する式を入力します。ワイルドカードを使用します。

G2 =DGET(A1:D7,D1,F1:F2)

金額「 7,000」が返されます。

条件を満たすレコードが複数存在する場合は、エラー値を返す

DGET関数は、複雑な検索条件を指定して値を抽出することができますが、条件に一致するレコードが複数ある場合は、エラー値 「#NUM!」 が返されます。条件に一致するレコードが1つある時のみ値を返します。

I2 =DGET(A1:D4,D1,F1:H2)

エラー値 「#NUM!」 が返されます。

商品名「りんご(紅玉)」かつ 産地「青森」かつ 単価「>=150」に一致するレコードが複数あるからです。

こちらの記事もご覧ください。⇒ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

こちらの記事もご覧ください。⇒マイクロソフトオフィスソフトとプログラミングスキルが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

DGET関数で、複雑な検索条件を指定して値を抽出

エクセルDGET関数は条件を満たすデータを抽出できる関数です。検索して条件に一致する値を抽出するエクセル関数には、DGET関数の他に、VLOOKUP関数、HLOOKUP関数がありますが、エクセルDGET関数は複雑な検索条件を指定して値を抽出することができます。

エクセルDGET関数以外に複数の条件、複雑な検索条件を指定して抽出することができる関数にはDSUM関数がありますが、DSUM関数が返すのは抽出した数値の合計です。DGET関数は値を、DSUM関数は数値の合計を返す関数です。間違えないようにしましょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルDSUM関数で複数条件を指定して抽出した数値を合計する

WEBプログラミングを入門から応用までらくらくマスターできる ➡ 動画パソコン教材

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセルパワーポイント・アクセスとエクセルマクロVBA・WEBプログラミング・パソコンソフト作成を入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エクセルのマクロとVBAを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

VBA・Java・WEB・C#・HTML/CSSプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓