エクセルDSUM関数で複数条件を指定して抽出した数値を合計する

エクセルDSUM関数で複数条件で抽出した、セルの数値を合計する方法を紹介しています。エクセルDSUM関数は複数条件に一致するセルの数値を合計する関数ですが、似たような関数にDGET関数があります。2つの関数の違いは、DGET関数の返すのは値ですが、DSUM関数が返すのは数値の合計です。ここでは、DSUM関数を使って、複数条件に一致するセルの合計を求める方法を中心に、説明しています。

 

 

エクセルDSUM関数

複数条件に一致した値の合計を求めます。

DSUM関数の書式と引数

DSUM(データベース, フィールド, 検索条件)

データベース 検索するセルの範囲を指定します。セルの範囲には見出しが含まれている必要があります。
フィールド 合計する列の「項目」または、リストの先頭列から何番目かを「番号」で指定します。
検索条件 検索条件が設定されているセル範囲を指定します。

DSUM関数の基本的な使い方

エクセルDSUM関数は数値を合計する関数です。

エクセルDSUM関数で複数条件で抽出した数値を合計するには、検索条件をセルの範囲で指定します。

G2に、輸入国「アメリカ」の、金額の合計を求める式を入力しましょう。

引数「フィールド」には、列の「項目」を指定します。

G2 =DSUM(A1:D8,D1,F1:F2)

合計金額「51,000」が返されました!

次は、引数「フィールド」に先頭列からの番号を指定して、G3に輸入国「アメリカ」の、金額の合計を求める式を入力してみましょう。

G3 =DSUM(A1:D8,4,F1:F2)

合計金額「51,000」が返されるのを、確認しましょう。

 

 

複数の列に 1 つの検索条件を指定して合計を求める

J2に、輸入国「アメリカ」かつ 数量「>50」かつ 単価「>=100」の、金額の合計を求める式を入力しましょう。

J2 =DSUM(A1:E8,E1,G1:I2)

合計金額「45,000」が返されます。

同じ列に複数の検索条件を指定して合計を求める

G2に、輸入国「フィリピン」または 「チリ 」または 「メキシコ 」の、金額の合計を求める式を入力しましょう。

G2 =DSUM(A1:D8,D1,F1:F4)

合計金額「45,000」が返されます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルSUMIF関数の使い方!複数条件ORで合計する方法

 

複数の列に 2 セット以上の検索条件を指定して合計を求める

H2に、輸入国「アメリカ」かつ 数量「<100」または 輸入国「チリ」かつ 数量「<=80」の、金額の合計を求める式を入力しましょう。

H2 =DSUM(A1:D8,D1,F1:G3)

合計金額「44,800」が返されます。

列ごとに検索条件を指定して合計を求める

I2に、輸入国「アメリカ」または 商品名「レモン」または 数量「>100」の、金額の合計を求める式を入力しましょう。

I2 =DSUM(A1:D8,D1,F1:H4)

合計金額「60,600」が返されます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルDSUM関数の使い方!条件を満たすセルの合計を求める

 

1 つの列に 2 セット以上の検索条件を指定して合計を求める

H2に、 数量「150<=数量<=300」または「数量<=50」の、金額の合計を求める式を入力しましょう。

H2 =DSUM(A1:D8,D1,F1:G3)

合計金額「27,600」が返されます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルDGET関数で条件を満たすデータを抽出

検索条件にワイルドカードを指定して合計を求める

G2に、「ア」を含む商品名の、金額の合計を求める式を入力します。ワイルドカードを使用しましょう。

G2 =DSUM(A1:D8,D1,F1:F2)

合計金額「 51,000」が返されます。

エクセルDSUM関数以外にも検索条件を指定して合計できる関数があります

エクセルDSUM関数は、複数条件で抽出した数値を合計できる関数ですが、SUMIFS関数でも複数条件で数値を合計できます。エクセルDSUM関数とSUMIFS関数の違いは検索条件の指定が違います。DSUM関数は検索条件にセルの範囲を指定しますが、SUMIFS関数は検索条件に条件範囲と条件に分けて入力します。使いやすい関数を使いましょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルSUMIFS関数で複数条件を指定して抽出した数値を合計する