エクセルSUMIF関数で特定の文字「~を含む」セルを合計する!

エクセルSUMIF関数を使って、特定の文字、~を含むセルの値の合計を求めます。それには、ワイルドカードを使います。SUMIF関数の条件にワイルドカード使うと、特定の文字を含むセルの合計が出せるようになります。SUMIF関数は、条件に一致するセルの値の合計を求める関数ですが、条件は1つしか指定することができません。「~を含む」の条件に一致する、セルの値の合計できるようになると、複雑な条件で合計を求めることができるようになります。SUMIF関数にワイルドカードを使って、仕事アップしましょう。

 

 

エクセルSUMIF関数

指定した条件を満たす範囲内の値を合計します。条件には、数値、式、セル範囲、文字列、または関数、ワイルドカードも使えます。

SUMIF関数の書式と引数

SUMIF(範囲, 検索条件, [合計範囲])

範囲 検索条件が含まれているセル範囲を指定します。
検索条件 検索の条件は、数値、式、セル範囲、文字列、または関数で指定します。
合計範囲 条件に一致する合計範囲の値が加算されます。省略した場合は、範囲で指定したセルが合計の対象となります。

 

 

ワイルドカードを使って、特定の文字を含むセルを合計

エクセルSUMIF関数にワイルドカード使って、特定の文字を含む条件で、合計を出してみましょう。

下の表を使って、商品№「~を含む」の条件で、売上金額の合計を求めます。

 

商品№「A1」を含むの条件

F2 =SUMIF(A2:A9,”*A1*”,C2:C9)

「64,500」を返します。

商品№「A1」を含まない条件

F3 =SUMIF(A2:A9,”<>*A1*”,C2:C9)

「182,000」を返します。

「商品№」の間に1文字を含む条件

F4に、商品№「Aと1-0112」の間に1文字を含む、売上金額を合計する式を入力しましょう。

F4 =SUMIF(A1:A8,”A?1-0112″,C1:C8)

「12,000」を返します。

商品№「A01-0112」の売上金額の合計がでました。

F5に、商品№「Aと2」の間に1文字を含む、売上金額を合計する式を入力しましょう。

F5 =SUMIF(A2:A9,”A?2*”,C2:C9)

「60,000」を返します。

商品№「A12-1003」と「A22-0092」の売上金額の合計がでました。

 

 

検索条件を変えて合計を求める

SUMIF関数の使い方

色々な検索条件での、SUMIF関数の使い方を紹介します。

 

文字列を指定

G2に、商品№「A03-2011」の、売上金額を合計する式を入力しましょう。

G2 =SUMIF(A2:A9,”A03-2011″,C2:C9)

G2 =SUMIF(A2:A9,A3,C2:C9)

2つの式、どちらでもいいです。

「85,000」を返します。

文字列を指定(不等号を使用)

G3に、商品№「B01-1015」以外の、売上金額を合計する式を入力しましょう。

G3 =SUMIF(A2:A9,”<>B01-1015″,C2:C9)

「343,500」を返します。

日付を指定(不等号を使用)

G4に、配達日「2018/1/10」以降の、売上金額を合計する式を入力しましょう。

G4 =SUMIF(B2:B9,”>=2018/1/10″,C2:C9)

「216,500」を返します。

G5に、配達日「2018/1/5」以前の、売上金額を合計する式を入力しましょう。

G5 =SUMIF(B2:B9,”<=2018/1/5″,C2:C9)

「80,000」を返します。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルSUMIF関数で日付を指定して合計!複数条件(日付の範囲)

空白でないセルの合計を求める

G6に、商品№が空白でない場合の、売上金額を合計する式を入力しましょう。

G6 =SUMIF(A2:A9,”<>”&””,C2:C9)

「332,000」を返します。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルSUMIFSとSUM関数でOR条件で合計する方法

セル参照を指定(不等号を使用)

G7に、商品№がセル「A7」以外の、売上金額を合計する式を入力しましょう。

G7 =SUMIF(A2:A9,”<>”&A7,C2:C9)

「340,500」を返します。

G8に、配達日「B2」以前の、売上金額を合計する式を入力しましょう。

G8 =SUMIF(B2:B9,”<=”&B2,C2:C9)

「182,000」を返します。

G9に、売上金額がセル「C3」を超える、売上金額を合計する式を入力しましょう。

G9 =SUMIF(C2:C9,”>”&C3,C2:C9)

「194,000」を返します。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルSUMIF関数の使い方!複数条件ORで合計する方法

 

エクセルSUMIF関数でよく使う比較演算子とワイルドカード

比較演算子

意味
= 等しい
> より大きい
< より小さい
>= 以上
<= 以下
<> 等しくない

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルDSUM関数で複数条件を指定して抽出した数値を合計する

ワイルドカード

文字 説明 使用例
任意の数の文字。アスタリスク (*) は文字列のどの場所でも使用できます。 *abの場合cab、cdabは検索されますが、abdは検索されません。
? 指定した場所の任意の 1 文字 b?cの場合、bacは検索されますが、baacは検索されません。

 

SUMIFS関数で複数条件で合計

エクセルSUMIF関数は、1つの条件で合計をだす関数ですが、複数条件で合計を求めることができる関数があります。SUMIFS関数です。SUMIFS関数は、複数条件でセルの合計を求めることができます。SUMIFS関数の複数条件は、AND(かつ)の条件です。SUMIF関数とSUMIFS関数は使い方もよく似ています。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルSUMIFS関数で複数条件を指定して抽出した数値を合計する