ワードで図形を別の図形に自由自在に変更する方法!

ワードでは図形を他の図形に変更することができます。例えば、長方形を台形に変更することもできます。

ここでは、ワードで図形を別の図形に、自由自在に変更する方法を紹介しています。複数の図形を一括で変更することもできます。

また、図形のスタイルを変更したり、図形の効果を適用する方法も説明しています。図形に影、反射、面取り、ぼかしなどを適用することができます。

 

 

 

1.ワードの図形を変更する方法

 

ワードでは図形の形を自由自在に変更することができます。

例えば、四角形をハート形に変更してみましょう。

 

 

 

1.四角形を選択します。

 

 

2.「描写ツール」の「書式」をクリックします。

3.「図形の編集」の「▼」をクリックして「図形の変更(N)」から「ハート」をクリックします。

 

4.四角形がハートに変更されました。

 

 

2.複数の図形を一括で変更する方法

 

複数の図形を一括で、他の図形に変更することができます。

複数のさまざまな図形を全て、一括で三角形に変更してみましょう。

 

 

1.「Ctrl」キーを押しながら、変更したい図形を選択してきます。

 

 

2.「描写ツール」の「書式」→「図形の編集」の「▼」をクリックして「図形の変更(N)」から「二等辺三角形」をクリックします。

 

 

3.複数の図形が一括で、二等辺三角形に変更されました。

 

 

3.図形のスタイルを変更する方法

 

図形のスタイルを変更することができます。

「塗りつぶし-青、アクセント1」になっている図形にスタイルを「枠線のみ-黒、濃厚1」に変更してみましょう。

 

 

 

1.図形を選択して、「描写ツール」の「書式」をクリックします。

2.「図形のスタイル」から「その他」を選択します。

 

 

3.「枠線のみ-黒、濃厚1」をクリックします。

 

 

4.図形のスタイルが変更されました。

 

 

4.図形の効果を適用する方法

 

図形に「影」を付けたり、「反射」「光彩」「ぼかし」「面取り」「3-D 回転」を適用することができます。

 

 

1.図形を選択して、「描写ツール」の「書式」をクリックします。

2.「図形のスタイル」から「図形の効果」の「▼」をクリックして、目的の「図形の効果」を選択すると、効果が適用されます。

 

まとめ

ワードで図形を挿入した後に、自由自在に目的の図形に変更することができます。

複数の図形を一括で、変更することもできます。組織図、見取り図、座席表などを作成する時に、一括で図形を変更できると便利です。

こちらの記事もご覧ください。⇒ワードで図形を簡単に挿入・編集・削除する方法!