ワードで図形の中に文字を入力する方法!文字位置を調整(左右上下)する方法

ワードでは図形の中に文字を入力して、文字の位置を変更することができます。

ここでは、ワードの図形に文字を入力して、上下左右に文字位置を揃える方法を紹介しています。

また、文字位置を自由自在に、調整する方法も説明しています。

 

 

 

1.ワードで図形の中に文字を入力する方法

 

ワードに図形を、簡単に挿入できます。

ここでは、四角形を挿入します。

 

 

1.「挿入」タブ→「図形」の「▼」をクリック→「正方形/長方形」選択し→マウスでドラッグして図形を挿入します。

 

次に、図形の中に文字を入力してみましょう。

ここでは、「図形を作成」と入力しましょう。

 

1.図形を選択します。

2.そのままの状態で、文字を入力しましょう。

 

図形が、青く塗りつぶされているので、塗りつぶしをなくします。

 

 

 

1.四角形を選択します。

2.「描写ツール」の「書式」をクリックします。

3.「図形の塗りつぶし」の「▼」をクリックして、「塗りつぶしなし(N)」をクリックします。

 

 

塗りつぶしがなくなりましたが、文字が見えなくなりました。

見えない文字を、見えるようにしましょう。

ここでは、文字の色を「黒」にします。

 

1.入力した文字を選択します。

 

 

2.右クリック→「フォントの色」の「▼」をクリックして、「黒、テキスト1」をクリックします。

 

 

3.文字が黒くなり、見えるようになりました。

 

「ホーム」タブからでも、文字の色を変えられます。

 

 

「ホーム」タブ→「フォント」→「フォントの色」の「▼」をクリックして、「黒、テキスト1」をクリックすると、文字の色が黒になります。

 

 

2.文字の位置を左右に配置する方法

 

中央に入力されている図形の文字を、「左揃え」にしてみましょう。

 

 

1.図形を選択します。または、図形の中にカーソルをおきます。

 

 

2.「ホーム」タブ→「段落」→「左揃え」をクリックすると、文字が左揃えになりました。

 

3.文字の位置を上下に配置する方法

 

「左揃え」&「中央」に入力されている図形の文字を、「上」にしてみましょう。

 

1.図形の境界をクリックして選択します。マウスのポインターが図形内ではなく、境界線の上にあることを確認します。

2.右クリック→「図形の書式設定(O)」を選択します。

 

 

3.「図形の書式設定」→「文字のオプション」→「レイアウトとプロパティ」→「テキストボックス」の「垂直方向の配置(V)」の「▼」をクリックして「上」をクリックします。

 

 

4.図形の中の文字が、「上」に配置されました。

 

 

4.文字を上下左右の余白を調整する方法

 

図形の中の文字の位置を、自由に調整することができます。

 

 

1.図形を選択して右クリック→「図形の書式設定(O)」を選択します。

2.「図形の書式設定」→「文字のオプション」→「レイアウトとプロパティ」→「テキストボックス」の「左余白(L)」「右余白(R)」「上余白(T)」「下余白(B)」で調整して、目的の位置に配置しましょう。

 

まとめ

 

ワードに図形を挿入することは簡単ですが、文字を入力して図形の塗りつぶしをなくすと、文字が消えるという事を聞きます。

文字が見えなくなっただけで、消えたわけではありせん。図形の文字を見える色に変更すれば見えるようになります。

こちらの記事もご覧ください。⇒ワードで図形を簡単に挿入・編集・削除する方法!