ワードで空白ページを挿入する方法!前や文章の途中からなど

ワードでは、簡単に空白ページを挿入することができます。

一般的に、ページの後ろに空白ページを追加しますが、ここでは色々な空白ページの挿入方法を紹介しています。

ページの前に空白ページを挿入方法!文章の途中から空白ページを挿入する方法などです。要領は同じで、カーソルを置く位置がポイントとなります。改行をしなくても、簡単に空白ページが追加できます。

 

 

 

1.ワードで空白ページをページの後ろに挿入する方法

 

ワードで、新しいページを後ろに追加する方法です。

空白ページを挿入する時に、一番よく使います。

 

 

ここでは、1ページの後ろに空白ページを挿入してみましょう。上図の、1ページと2ページの間に挿入します。

 

 

 

1.後に挿入するページの最後にカーソルを置きます。ここでは、1ページの最後にカーソルを置きます。

2.「挿入」タブをクリック→「ページ」グループの「空白のページ」をクリックします。

 

 

3.1ページの後ろに、空白ページが挿入されました。

 

 

2.空白ページをページの前に追加する方法

 

空白ページを、ページの後ろではなく前に追加する方法です。

カーソルを置く位置がポイントとなります。

1ページの前に、空白ページを挿入してみましょう。

 

 

1.挿入するページの先頭に、カーソルを置きます。ここでは、1ページの先頭にカーソルを置きます。

2.「挿入」タブをクリック→「ページ」グループの「空白のページ」をクリックします。

 

 

3.1ページの前に、空白ページが挿入されました。

 

 

3.空白ページを文章の途中から追加する方法

 

空白ページは、文章の途中から挿入することもできます。

 

 

1.空白ページを挿入する位置に、カーソルを置きます。

2.「挿入」タブをクリック→「ページ」グループの「空白のページ」をクリックします。

 

 

3.文章の途中から、空白ページが挿入されました。

 

 

空白ページを挿入することは、簡単にできます。また、ページを削除することも簡単にできます。

ページの削除については、下のサイトでも詳しく紹介しています。

 

こちらの記事もご覧ください。⇒ワードのページを簡単に削除・複数ページを一括削除する方法

 

まとめ

 

ワードでは空白ページを追加することは、ワンクリックで簡単にできます。しかし、ページを削除するときは、やり方は簡単ですがワンクリックではできません。

また、表やグラフがページの最後にある時、空白ページが削除できないこともあります。行数や余白などを調整しなければいけません。下のサイトでも詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

こちらの記事もご覧ください。⇒ワードの空白ページが削除できない!表が原因の時の削除方法