ワードの行間とは?固定値・最小値・倍数・2行などの説明

ワードの行間は、一般に言う行間隔とは違うので、同じと思っている上手く設定できない場合があります。

ここではワードの行間とは、また、固定値・最小値・倍数・1行・1.5行・2行の説明をしています。

行間隔を正しく理解することで、自由自在に思い通りの行間隔設定ができ、見栄えよくすることができます。

 

 

 

1.ワードの行間とはどこ?

 

行間というと、一般的に行と行の間の余白を言いますが、ワードの行間はそれとは異なります。

 

 

行間の設定がワードで思うようにいかないのは、行間について勘違いしていることが原因かもしれません。

ワードの行間とは、行の上部から、次の行の上部までの間隔のことを言います。

 

 

行の余白上から次の行の余白上までの事を指し、行間を広げると文字の上下の余白が広がります。

 

2.固定値・最小値・倍数・1行・1.5行・2行とは

 

ワードの行間を設定は、「段落」ダイアログボックスからできます。

 

 

1.行間の間隔を設定したい文章を選択し、「ホーム」タブをクリック→「段落」グループの「段落の設定」 ダイアログボックス起動ツールをクリックすると、「段落」ダイアログボックスが表示されます。

 

 

2.「インデントと行間隔」タブをクリック→「行間(N)」から「固定値」「最小値」「倍数」「1行」「1.5行」「2行」を選択します。

3.「行間(N)」では、任意の数値を入力することで行間を広げたり詰めたりできます。行間は、pt(ポイント)という単位で指定できます。

 

 

1行とは

 

通常の行間は1行で、デフォルトで設定されている間隔です。

 

1.5行とは

 

行の上余白から次の行の上余白までが、1行間隔です。

そのサイズが1.5倍になります。

 

2行とは

 

行の上余白から次の行の上余白までが1行間隔で、その2倍のサイズになります。

固定値とは

 

ワードではフォントサイズを変更すると、行間もそれに伴い変更されます。

固定値にすると、フォントサイズを変更しても指定した行間サイズが固定されて、行間は変更されません。

行間隔を固定値にすると、フォントサイズに左右されることがなく、行間隔を揃えることができます。

 

最小値とは

 

最小値とは、指定した間隔を最低値として常に保ちます。

指定した行間隔より大きいフォントサイズを入力した場合、それに応じて行間隔が広がります。

逆に、指定した行間隔より小さいフォントサイズを入力した場合、行間が指定した間隔(最低値)より狭くなることはありません。

 

倍数とは

 

倍数とは、1行の倍数の間隔のことを指します。

「1行」×「○倍」になります。

例えば、倍数に「3」と入力すると、行の上余白から次の行の上余白までが1行間隔で、その3倍のサイズになります。

「ホーム」タブの段落」グループの「行と段落の間隔」も、「倍数」です。

「固定値」と勘違いする方もいるので、気を付けましょう。

 

 

まとめ

 

ワードの行間隔は固定値にすると、フォントサイズに左右されることなく自由に設定できます。

行間の設定が苦手な方は、まず、さまざまな設定で、どのように行間隔が変化するか試してみると良いです。

こちらの記事もご覧ください。⇒ワードの行間設定!行間を詰める・広げる・揃える方法